Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

毎日を心地よくするアイテム、教えます。 ふたりのクローゼットに忍ばせたいおしゃれグッズ4選!

暮らしをより心地よくしてくれるアイテムを紹介するこの企画。インテリアや雑貨のスタイリングを得意とするスタイリスト池田沙織さんが今回選んだのは、ふたりのクローゼットの必需品。スタイリッシュで機能的、そして目にするたびに嬉しくなるような、グッズが揃いました。

FU2356

ずれない、型崩れしない。色違いで揃えたい優秀ハンガー。

ゆるやかなカーブのシンプルなデザイン。ノンスリップコーティングが全体に施されているので、衣類がずれにくいのも嬉しいポイント。「肩のでっぱりのないデザインで、衣類にハンガーの後がつきにくいのもいいですね。これでカーディガンやサマーニットも型崩れの心配なし。また、ハンガー自体の厚さも1㎝とかなりスリムで、収納力もアップ。女性なら36㎝がおすすめ。40㎝のサイズもあるので、夫婦ふたりで使い分けても。今回は、白と黒のモノトーンをセレクト。ハンガーを統一させるだけでクローゼットもスッキリして見えるのでおすすめです」(池田さん)

エコノミック 36 10本セット 3,000、エコノミック 40 10本 3,000(miwa http://www.mawa-shop.jp/index.html

FU2365 のコピー

青森ヒバの香りに癒される! 夏だって湿気対策を。

抗菌や防虫、消臭などの効果があるという、天然青森ヒバを使ったスタイリッシュなプロダクト。「やっと梅雨が開けたと思っても、湿気対策に気が抜けない夏。そこでおすすめしたいのが、青森ヒバのパウダーが圧縮された除湿・消臭剤。クローゼットや靴棚などの湿気の多い場所に置くと、ヒバパウダーが水分を吸ってくれるというアイテム。圧縮されていたパウダーの塊が崩れて、袋の中で全てパウダーになったら、新しいものに交換するというわかりやすさもいい。何と言っても、ほのかに香るヒバの香りがさわやか。見た目もかわいいのも◎」(池田さん)。

ヒバマジック 除湿・消臭剤 702円(Cul de Sac http://store.culdesac.jp/

FU2362

衣類ブラシは、大人のたしなみです。

洋服についたホコリを取るだけでなく、洋服の繊維も整えてくれる洋服ブラシ。「使ったことがないという声も聞くけれど、手軽にケアできる洋服ブラシこそ、クローゼットに常備したいアイテム。コシのある豚毛を使ったこのブラシは、シンプルなデザインも素敵。長さは24㎝と使い勝手もよく、天然木の質感も素敵。しかもリーズナブルなので、クローゼットに1本、帰ってきてさっとブラッシングできるように玄関にもう1本と揃えられますね。ブラッシングすることで繊維の流れが整い、ふっくらするので洋服の型崩れ予防にも役立ちます」(池田さん)。

ブナ材洋服ブラシ 豚毛 890円*税込(無印良品 https://www.muji.net/store/

FU2371

ハンガーにかけたままでOK。シワもニオイもさようなら。

アイロンがけを億劫に思う人は多いはず。特に、暑い夏場ならなおさら。そこで投入したいのが、ハンガーにかけたままアイロンがけができる手軽な衣類スチーマー。「パワフルなスチームなので、アイロン台がなくてもシャツのシワがピンと伸びて、気持ちもすっきり。立ち上がりも早いから、気になったらさっとアイロンがけできるのも嬉しいポイント。しかも、洗濯しにくいジャケットなども、スチームでニオイケアができるという優れもの。汗をかいても洗えないという夫のスーツもこれがあれば安心です。デリケートな衣類のお手入れもできるから、一家に一台あると便利!」(池田さん)。

衣類スチーマー NI-FS550-PP オープン価格(パナソニック https://panasonic.jp/iron/steamer/ni_fs550.html