Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

たまには二人でレストラン 焼鳥の名店出身の目利きと技、アイデアを堪能

とり口 
五反田

18席のカウンターに目を配るのは、「鳥よし」出身の西口和樹さん。「何よりも鮮度」と言い切り、鳥取の大山鶏と山梨の信玄鶏を好んで使う。丁寧な下処理と串打ちはもちろん、手羽先は食べやすく骨を抜き、かしわは首の皮で巻いて焼くことでよりジューシーに仕上げるなど、ひと手間かけた串が真骨頂。

串8本に加えて興味をそそるのが、トーストを添えたポーチドエッグなど、趣向を凝らした8種の小鉢。シメのご飯とデザートも楽しみに。

とり口
カウンター18席と半個室が1 つ。
とり口
5800円のコース1 本のみ。写真中央の串はかしわ(左)、つくね。小鉢は、左上の、シャツを着たたまごとカラスミ(ポーチドエッグ)、左下の、大山鶏の胸肉フリットなど。
とり口
シメのご飯は意表をついてタイ風のカレー。そうめんかどちらかを選べる。

DATA 
所在地 東京都品川区西五反田2-28-10 
Tel.03-6421-7254 
営業時間 17:00~23:00(21:30最終入店) 
定休日 日祝  日本酒は約40種、120㎖800円~、ワインは約100種、グラス800円~。
禁煙

写真〇青木加代子 取材〇池田祐美子