Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO 夫への不満を5つ以上挙げられる妻は〇%。

出産前はそんなに気にならなかった・受け流せていたのに、子どもが誕生してからパパへの不満が増えたのは私だけでしょうか?

休日の朝、二人だけのときにはダラダラと遅くまで寝ていたもの。今だって少しでも長く寝ていたいけれど、早起きの子どもの相手をするのはいつも私…とか。

アンケートをとってみたところ、夫への不満が5つ以上ある妻は半数弱、という結果に。

graph15

では、具体的にどんな不満なのでしょうか?

「こまかい、けち、言葉遣いがきつい、マイペースすぎる、信用してくれない。」(40歳 その他)
「つまらないギャグを言って1人で笑う、たまにしつこい、頑固、たまに私の気持ちを分かってくれない、変な語尾をつけたがる、仕事の帰りが遅い。」(32歳 事務職)
「テレビばっかり観ている、酒ばっかり飲む、土日は朝起きない、保育園の行事に参加したがらない、家に本を溜め込む、人の意見を聞かない」(39歳 教育関連)
「隠れマザコン、優柔不断、流行りもの好き、気が利かない、頼りない」(39歳 事務職)
「ご飯粒を残す、調べもせず先入観で育児に口出しする、友人が少ない、偉そう」(33歳 自由業)
「匂いに鈍感、子どものペースに合わせない、いびきうるさい、貧乏くさい、プレゼントの嗜好」(27歳 事務職)
「要領がわるい、世間知らず、恩着せがましい、ゴミをゴミ箱に捨てない、しゃべるのが遅い」(29歳 事務職)

いかがでしょうか? うちもそうだ!という不満がいくつかあったのではないでしょうか? 伝えてもすぐに解決できるような問題ではないから、不満として大きくなっていくのでしょうね。

以前ママ友たちと夫への不満で大いに盛り上がったことがあったのですが、一人だけ不満を言わないママがいました。パパに不満はないのか聞くと、「たくさんあるけど、夫のことを直接知らない人に夫への不満をいうと、彼の印象が悪くなってかわいそうだから」と!

その言葉に私を含めたママ友みんなハッとした表情になり、彼女には賞賛の嵐でした。それまで不満をぶちまけてスッキリしていた私は少し恥ずかしくなり、ちょっとだけパパがかわいそうになってきました。みんな同じ気持ちだったようです。

小田原みどり
2014年生まれの女の子&2017年生まれの男の子のママ。夫の転勤のため、地元の広島を離れ東京で子育て中。上の子には毎晩絵本を読み、離乳食もそれなりに頑張り、いろんなものを手作りしたのに、下の子には絵本を読む機会はあまりなく、離乳食は味噌汁かけご飯に既製品…。平等に育てる難しさを感じる今日この頃。

※この記事はHanakoママ読者へのアンケートから構成しています。