Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO 思わず惚れ直しちゃう! やっぱり夫は頼りになると思う?

「こんなところに靴下脱ぎ捨てて。もう、パパったら…。(イライライラ…)」なんてことは日常茶飯事ではありますが、やっぱり夫は一家の大黒柱。決めるときにはビシッと決めてほしいですよね。

「夫にイライラすることがある?」「夫の残念エピソードを教えて。」等々、どちらかといえば“夫ディスリ”な話題が多くなりがちなので、今回は、アンケートからかっこいいエピソードを集めてみました!

妻の本音

きゃ~♡なんと75%の方がYESです。

ではでは、なんだかハッピーになれるエピソードをご紹介


・交渉術に長けているので交渉ごとはまかせています。最近のエピソードは家賃の値上げを阻止したことです。(32歳 3歳女子のママ)
・子どもの勉強について、まわりの子と比べて私が焦ってしまった時。マイペースに自分らしく生きることの大切さを教えてくれた。(30歳 4歳女子のママ)
・朝方子どもが起きてしまったが、夜中の授乳でくたくたなのを知っていて、早朝から子どもと遊んでくれた! その間睡眠を取れてとても助かりました!(36歳 0歳女子のママ)
・基本的にはない〔笑〕けど、第二子の妊娠発覚の直前に健康診断でレントゲンを沢山とっていて、影響がないかと悩んでいた時に「産もうよ」と至って普通に当然のように言ってくれたこと。(35歳 3歳男子のママ)
・2人目を産んでわりとすぐの頃「息抜きにカフェでも行ってきなよ」とひとり時間をくれた。神かと思った。(30歳 3歳女子のママ)
・この夏、晴れた休みの日は毎回上の子2人をプールに連れて行ってくれていました。2人とも泳ぎがかなり上達してびっくりです。(5歳 3人の子どものママ)
・娘を肩車したり、片手でもちあげたり、腕でぶらぶらしたり、アクロバティック系の遊びは、やっぱりパパでなきゃということで母娘一致です。(35歳 3歳女子のママ)

なんだかほっこりするエピソードばかりですね!そして、どの夫もかっこいい!!
読んでいるうちに「そういえばうちの夫も・・・」なんて、かっこいいエピソードを思い出した方もいるのではないでしょうか?

ちなみに、我が家の夫のかっこいいエピソードは、忙しくて余裕のない朝でも、子どもたちの“かまってかまって~”に上手に対応するところ。私は毎朝「早く~!」なんて何回も言ってしまいますが、夫のようにうまく子ども心をくすぐれば、もっとうまくいくのだなぁ、かっこいいなと思っています。

よく「(子どもにとっては)やっぱりママが一番だよね。」と言われますが(確かにその通りなことも多いですが)、力仕事はやっぱり夫が頼りになるし、感情的になりやすい妻に対して、夫はいつも冷静です。だから“家族”にとっては、パパが一番かな? ちょっと良く言いすぎか…。だけどそんな風に思えたら素敵ですよね。

小田原みどり
2014年生まれの女の子&2017年生まれの男の子のママ。夫の転勤のため、地元の広島を離れ東京で子育て中。上の子には毎晩絵本を読み、離乳食もそれなりに頑張り、いろんなものを手作りしたのに、下の子には絵本を読む機会はあまりなく、離乳食は味噌汁かけご飯に既製品…。平等に育てる難しさを感じる今日この頃。

※この記事はHanakoママ読者へのアンケートから構成しています。