Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO 仕事と家庭、両立できていると思う妻は○%!

夫婦喧嘩の原因のひとつに、家事はどっちがやるか問題があると思います。食事の準備にはじまり、掃除、洗濯、母の日や父の日のプレゼント選び、年末になると年賀状の準備などなど。日々の家事から、イレギュラーな家庭のことまで、一年中いろいろとやることが多くて、結婚してびっくりした人もいるのではないでしょうか?

以前、仕事に関するアンケートをとった際、9割の妻たちが結婚後も働いているという結果になりました。そこで、世の中の妻たちは仕事と家庭を両立できているのか気になったので、前回同様anan総研の既婚者メンバーに聞いてみました。

Q.仕事と家庭の両立はできていると思いますか?

Pie Chart (1)

な、なんと! 75%もの妻たちが、両立できていると回答! ついつい仕事ばかりを優先して、家事はおろか、夫との時間も少なくなっている身としては、すごく驚きの結果でした。早速その理由をみていきましょう。

まずは両立できていると答えた人たちから。
・定時に帰宅できているから、自分の時間も十分にある(32歳・結婚3年目)
・家事はあまりできていないけれど、夫もそれでいいと言ってくれているし、夫婦仲も良好です♡(33歳・結婚8年目)
・今は育休中ですが、会社が残業の調整ができるので家の事もそれなりにできていたと思います(32歳・結婚2年目)
・完璧にできていないことや大変なことは山程あるが、旦那の協力もあって何とか成り立っているから(36歳・結婚5年目)
・仕事の合間を縫って家事をしているし、仕事の予定なども彼に合わせて休みをとるようにしているので、バランスは取れていると思う(30歳・結婚1年目)

続いて、両立できていないと答えた人たち。
・料理は作れていなくてほぼ外食。掃除は休日になんとかしています(31歳・結婚3年目)
・仕事を優先しているので、夕飯が作れず最近はほったらかしです。洗濯も時間がない中でまわして、お風呂場で部屋干し。乾燥時間の設定が足りないまま出かけちゃうので、帰宅時に生乾き臭の衣類に出迎えられてガッカリ(泣)。うまく両立できません(31歳・結婚3年目)
・主人が協力してくれるおかげで成り立っているので、自分一人では絶対に両立できないと思います(34歳・結婚2年目)

おそらく、求める家事レベルがそれぞれ違うからの結果だと感じるのですが、どちらの意見にも共通していたのは“夫の協力”という部分。そこで、次に聞いてみたのがこちらの質問です。

Q.仕事と家事の両立に夫の協力は必要ですか?

Pie Chart (3)

もはや当然の結果ですよね。では、妻たちは夫にどんな協力を求めているのかも、聞いてみました。
・妻が全ての家事に加えて、フルタイムの仕事をするのは相当頑張らないと無理。夫と家事を平等にとまでは言わないけど、自分の苦手なことがお願いできて、多少のできなさに目を瞑ってくれる寛容さが必要(36歳・結婚5年目)
・お互い無理せず、自然でいられれば良い気がする。よい意味で相手に期待しないというのが協力になるのかもしれません。つまり、あれこれ文句を言わないこと!(33歳・結婚8年目)
・お互いにフリーランスなので、休日という概念があまりない。だからできるときにできる方が協力するような形にしないと、私が爆発します(31歳・結婚3年目)
・お互い共働きなので! 時間がある人が家のことをやるようにしています(31歳・結婚2年目)
・家事は得意な方がやった方が効果的!(32歳・結婚9年目)
・日中は働き、家にいれる時間は本当に短い。友達とも会いたいし、自分の時間も欲しいので、全部妻がやっていたらとても終わらない。協力というほどではなくても、自分のことは自分でしっかりやってくれないとどうにもなりません(30歳・結婚3年目)
・皿洗いや洗濯、お互いどちらがやるなど決めずに一緒にやっています。自分も仕事で疲れて帰ることもあるので、その日は食べて帰ってもらったりも。仕事で東京を離れて半年間は別居になりますが、それも理解してもらっています(30歳・結婚1年目)

夫婦で暮らしているから当たり前なのですが、どちらかだけが家事をしないといけないルールはありません。ましてや、仕事をして疲れているのはお互い様なので、家事のことは一緒に乗り切るべき問題。できるほうがする、忙しいときはフォローし合う、家事のレベルに対してお互いに文句は言わない、などなど。日々の暮らしを楽しくするためには、夫婦で改めてお互いに負担に感じていることや、今の仕事の状況などを、定期的に共有することが大切だなと感じたアンケートでした。

ちょっと気になったのが、「自分が頑張ればいい」と答えた夫の協力はいらない派の妻の意見。頑張りすぎて、いつか不満が爆発したり、心が苦しくなってしまうのではと勝手ながら心配になってしまいました。もしかすると、夫に任せたら家事が進まないからということもあるかもしれませんが、適度に力を抜くこともときには大切なこと。お互いが心地よく暮らせるバランスを見つけたいものですね。