Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO 生まれ変わっても、もう一度夫と結婚しますか?

誰もが一度は「もし○○だったら…」と考えたことがあるのではないでしょうか? 例えば、子ども時代であれば、「もしケーキ屋さんだったら…」となりたい職業について夢を描いたり、大人になれば「もし宝くじで1等賞があたったら…」と想像を巡らせたりしたことがあると思います。
では、結婚後はどうでしょうか? 「もし家を買ったら…」「もし子どもができたら…」と、そう遠くはない未来に訪れうる現実的なことを考えたことがあると思います。

そう、結婚生活って色々と現実的。だからこそ、今回は非現実的な質問を聞いてみました。それが、「もし生まれからっても、また今の夫と結婚したい?」です。女子会でこの話題をふったら、いろんなことが掘り起こされてあっという間に時間が経ってしまいそうだと思ったのですが、anan総研の既婚者たちはどのように考えているのでしょうか?

Qもし生まれ変わったら、また夫と結婚したいですか?

2

意外とYESの数が多い!と感じた私の意見は割愛しますが、今のご主人や生活に満足されている方が多いみたいです。
では皆さんの意見を紹介します。まずはYESと回答した方から。
・私の仕事も理解してくれて応援してくれるし、女性関係も心配は無いので。(30歳・新婚)
・他の人を考えられないほど、仲良く暮らしています。(34歳・結婚2年目)
・なかなか一緒に同じ方向で歩める人はいないから。(30歳・結婚3年目)
・他の人と結婚したらどうなるんだろうという興味はあるけれど……いっしょにいて楽しいから。(35歳・結婚5年目)
・夫にはドキドキとかはなく、燃え上がるような何かはない。ときどき他にも恋愛はしてみたいけど、とても幸せ。(33歳・結婚5年目)
・もう一度恋愛をしたいなという気持ちはあるけれど、それ以上に今幸せだから。(34歳・結婚7年目)
・周りがなんといおうと、自分にとってぴったりな相手だから。(33歳・結婚8年目)

みなさん「生まれ変わっても今の夫と結婚したい」とは思いつつ、結婚5年目を過ぎたあたりから恋愛をしたい欲求や、もう一つの別の人生への憧れのようなものが見え隠れしているように感じました。とはいうものの、みなさん今の幸せをかみしめているようですね。

では続いて気になるNOと回答した方。
・生まれ変わったら独身でもいいかもしれません。(31歳・結婚3年目)
・こんな質問をされたら、「元カレの○○くんと…♡」なんて妄想をしてしまう。(27歳・結婚3年目)
・自分の意見をしっかり持った有言実行力のある人と結婚したいです。それでいて、コミュニケーション力が高くて、愛情表現を態度なり言葉なりで示してくれる人。トラブルがあっても二人で話し合って解決できる対等なパートナー関係が理想です!(31歳・結婚3年目)
・不満は特にないけれど、夫は学生の頃からお付き合いをしていた人なので、もし生まれ変わったら社会人になってから出会った人と大恋愛の末に結婚してみたい。(33歳・結婚5年目)
・授かり婚だったので、妊娠と共に結婚がきまってしまいすべてがバタバタで諸々の準備を楽しむ余裕がなかった。もし別の人生があるのならば、夫には不満はないがせっかくなので別の人ときちんと順序を守り準備等を楽しみたい(笑)。(32歳・結婚8年目)

夫への不満の有無は人それぞれですが、みなさんどこかに現実逃避願望があるように感じました。ウェディングベルは夫婦の戦いのゴングだと言われることもあるように、結婚生活はまさに戦い。なかなか逃れられません。もちろん、楽しいこと嬉しいこともあるんですが…。子どもの頃の「もし…」と同じようにちょっと夢を見たいんでしょうか。

「もし生まれ変わったら…」の質問には、みなさん色々な意見を持っていましたが、約8割がまた結婚したいとは、みなさんなんだかんだ言って、夫のことが好きなんですね♡ とはいえ、約2割は別の人生への憧れを抱く人たちも。夫と結婚をして良かったと感じるのはどんなときなのでしょう。

Q.夫と結婚してよかったと思いますか?

3

なんとビックリ! 全員がYESとのこと。アンケート調査では、なかなか100人中100人が同じ答えということがないので驚きです。と同時に、不満を持ちつつも全員がなんだかんだ今のご主人と結婚してよかったと感じているという結果にほっこりしました。

では、具体的な意見を紹介します。
・食とお酒の趣味が合うし、ジョークを言い合って楽しいので、親友としても最高な人間と365日一緒にいられて幸せだと思うため。(27歳・結婚2年目)
・何だかんだ私や息子のことを第一に考えてくれてるから。(27歳・結婚2年目)
・家に帰ると家庭があるという安心感があるから。(31歳・結婚3年目)
・自活するキッカケを作ってくれた。夫と結婚しなくちゃ、多分今も実家を出るタイミングを失っていたかもしれません。(31歳・結婚3年目)
・毎日楽しいし幸せですし、「今後より幸せに暮らすために頑張ろう!」と思えるから。(34歳・結婚3年目)
・その日にあったどうでもいいことを話せる。(36歳・結婚5年目)
・毎日、私のかわいいところを必ず3つ言ってくれる。(32歳・結婚9年目)
・楽ちん。落ち着く。楽しい。(33歳・結婚9年目)

結婚して良かったと感じるポイントは、「夫のことが大好きだから!」というよりかは、「安心感」「楽しさ」「安らぎ」に重点が置かれているように感じました。確かに、恋人であれば「好き」という気持ちだけで続くのかもしれませんが、いざ結婚となると「好き」だけではどうにもならないこともあります。日々生活していく中で、やっぱり家庭・家族には「好き」という気持ちが前提にありながらも、「安心・楽しさ・安らぎ」を求めているのだと改めて感じました。

生まれ変わったらどんな人生が待っているか分かりませんが、今のようになんだかんだ楽しい日々が過ごせるパートナーとまた巡り会えたらいいなと思ったアンケートでした。

小田原みみ
2014年生まれの女の子&2017年生まれの男の子のママ。夫の転勤のため、地元の広島を離れ東京で子育て中。上の子には毎晩絵本を読み、離乳食もそれなりに頑張り、いろんなものを手作りしたのに、下の子には絵本を読む機会はあまりなく、離乳食は味噌汁かけご飯に既製品…。平等に育てる難しさを感じる今日この頃。

※この記事は、雑誌『anan』の読者組織・anan総研へのアンケートから構成しています。