Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO あの瞬間があるから今がある。プロポーズの思い出、教えてください!

結婚のきっかけになるプロポーズ。する方もされる方も、一大イベントですよね! あんなにドキドキして嬉しかったプロポーズも、時間が経つと頭の片隅に追いやられてしまうから不思議です(汗)。でも、あの瞬間があったから、今夫婦として暮らせているのも事実。そこで今回は、anan総研の既婚者メンバーにプロポーズの思い出を聞いてみました。

Qどちらからプロポーズしましたか?

Pie Chart

なんと、ほぼ夫側からのプロポーズという結果に。個人的にはもうちょっと妻からのプロポーズをしたという人がいるのかなと思っていたので、ちょっと驚きです。でも、肝心なのはその内容ですよね!

回答してくれた妻たちにプロポーズを点数化してもらうと、平均点は69点という結果でした。
「イタリア・アマルフィの海岸でプロポーズ。OKしたらうれしくて顔がとろけてた彼を見て愛されてると感じた♡」や、「出張から帰ってきたときにサプライズで。自宅がバラやキャンドルでデコレーションされていて、シャンパンと焼きたての一口サイズのパイを一緒に楽しみました♡」という100点満点の妻もいれば、「結婚前提で付き合っていたのでプロポーズはなし。形だけでもしてほしいと伝えると、ライトな感じで言われたので10点」、「いつ入籍したいかを聞かれただけなので5点」というシビアな点数をつけた妻も。中には、「すっごく嬉しかったけれど、私が酔っ払ってプロポーズの記憶があまりない(笑)」という妻まで! 夫婦の数だけ、いろんなプロポーズがあっておもしろいですね。

ロマンチックな夜景を見ながら、映画みたいにひざまづいて指輪を渡してもらいたい、シンプルに言われたい…などなど、憧れのプロポーズのシチュエーションも人それぞれだと思うので、今度は理想と現実のギャップについて聞いてみました。

Q理想のプロポーズと現実は違った?

5

なんと7割の妻たちが、理想と現実は違ったと回答。その理由は?
・サプライズが何もなかった!涙(27歳・結婚2年目)
・私なら、“ヘリコプターを貸し切る”“駅の電光掲示板を使う”“花火大会でメッセージ付き花火をあげる”など考えるのに、何のひねりもないプロポーズで残念(31歳・自営業)
・思いもよらないタイミングで言ってほしかった。現実は、私から「どうお考えなんですか?」と聞いたことがきっかけで言ってくれた(36歳・結婚5年目)
・夫はサプライズが成功したと信じているけれど、実際は寝ているときに指のサイズをはかっていたことも、プロポーズのためにホテルをおさえてくれたことも気づいていました(笑)。必死で驚いたふりをしました(34歳・結婚2年目)

最初の質問で、夫からのプロポーズが多いという結果になりましたが、その内容を聞いてみると、妻側から「結婚するの? しないの?」と聞いたことをきっかけで、夫が結婚に踏み切ったという声もちらほら。理想と現実が違うと感じた妻の中には、もっとバシッと決めて欲しかったという声かったです。

最後に妻たちに今では笑い話になる思い出から、胸キュンエピソードまで、ぶっちゃけてもらいました!
・夫が緊張のため声が小さく聞き取れなかった(笑)。言われた気もするけど、違ったら恥ずかしいので無言の時間が続き、夫からの「ね?」で、プロポーズされたと気づき、OKしました(33歳・結婚9年目)
・付き合って8、9年が経っていたのですが、「(今も幸せだけど)もっと幸せになろう」と言ってくれたのが嬉しかったです♡(36歳・結婚5年目)
・誕生日の食事のとき、レストランの窓から夜景を見ていたら、肝心のレインボーブリッジの夜景が建物によって見えなくなっていて、食事をしながら「あの建物邪魔だね」と文句を言っていたんです。でも、食後にその建物に案内されて、入ってみたらまさかのチャペル。そこでプロポーズをされることになって、文句を言った自分を後悔しました(30歳・結婚1年目)
・12月後半に、私の誕生日、クリスマスなど、いろんなイベントがあるにも関わらず、なぜか元旦に旅先のホテルの中でプロポーズ。「そこは私の誕生日でよかったやん!」ってなりました(笑)。しかも、プロポーズされる前にアイパッドをなぜか窓際方向にセットしていてバレバレ。しかも、最終的にはカメラの方向がズレていて、声は入ってたけど、映像はホテルのベッドと大きな窓だけの図。後から二人で笑いました(33歳・結婚5年目)

少し不満が残る妻たちもいましたが、どんな内容であれずっと心に残るのがプロポーズ。どの思い出エピソードも、微笑ましいものが多いですね。たまには自分たちのプロポーズを思い出して、「あんなときもあったね」「実はこう思っていたんだよ」と笑い話にしながら、夫婦の時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?