Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO 夫婦の家計会議、その実態は!?

突然ですが、みなさんは家計の管理はどうしていますか? いくら仲がよい友達でも、家計事情についてはあまり突っ込んで話しづらいものです。それぞれの家庭のルールがあるとは思いますが、それが間違っているかも…と不安になってしまうことも。
そこで、anan総研の20代〜30代の既婚者に、夫婦のお金の管理方法について調査してみました。まずは、夫婦できちんと家計会議をしている夫婦はどのくらいかを質問。

Q.夫婦で定期的にお金について話し合っていますか?

S__1335314

YESと答えたのは75%! みなさんお金についてきちんと話し合っているんですね。

その会議の議題って?
・老後、貯金、両親。この3つに関するお金については話し合う。(29歳・会社員/結婚5年目)
・毎月、どれくらいを何に使うかなどは話し合っています。あと、資金のやりくりについても。(33歳・専門職/結婚4年目)
・夫が使っているお金を把握していないので、定期的に貯金できている? 使いすぎてない? と確認します。(31歳・自営業/結婚4年目)
・先月よりも光熱費が高かったら、ここを節約しようと具体的に話します。あと、家を購入するためにあといくら貯めようと確認。(32歳・主婦/結婚5年目)
・結婚1年目なので、今後のお金の使い方や、貯金、生活費について擦り合わせる。(28歳・会社員/結婚1年目)
・株を購入するときにどの銘柄にするか、どの土地を買うかなど、お金の運用について。(28歳・自営業/結婚5年目)
・旅行など、一緒に行動するときのお金について(32歳・経営者/結婚3年目)
・「暖房を使いすぎだからもっと負担して!」など、毎月の支払いをどちらがどこまで負担するかを(笑)。あとは、年に1度の確定申告のときにお互いの年収をバラしています。(30歳・専門職/結婚3年目)

家計の使い方という意見もあれば、株などのお金の運用について相談しているという夫婦も。
ちなみに、いまどきの夫婦のお金の管理方法についても聞いてみると、
妻が管理…17%、夫が管理…11%、どちらでもない…72%
という結果になりました。

夫が管理している理由は?
・夫の方が資産運用がうまいから。(28歳・自営業/結婚5年目)
・私がお金の管理が苦手だから夫に任せています。(32歳・会社員/結婚2年目)

一方、妻が管理しているという理由は?
・夫はあればあるだけ使ってしまうタイプ。なのできちんと管理しています。(32歳・会社員/結婚8年目)
・単純に任されているから。(28歳・会社員/結婚1年目)

妻、または夫が管理している夫婦は、お金の管理が得意な方に任せているという印象ですね。
では、7割を閉めた「どちらでもない」という人たちはどういう管理の分け方なのでしょうか?
・お互いのお金を把握しすぎるとストレスになるから。(31歳・自営業/結婚4年目)
・生活費や家賃などはほぼ折半。生活費以外の財布は別々にしていて、個人で管理しています。(32歳・経営者/結婚3年目)
・「自分のことは自分で」が我が家のルール。(26歳・契約社員/結婚1年目)
・先輩に、「カッチリ決めると息苦しくなるよ」というアドバイスをもらってから、別々に管理しています。(27歳・会社員/結婚2年目)
・基本的には夫の収入で全てをまかない、私が働いたお金は全て自分で使っています。夫に感謝。(33歳・専門職/結婚4年目)

アンケートをとったanan総研メンバーに、共働き夫婦が多いというのも関係しているのかもしれませんが、お互いに決まった額を家計に入れ、残ったお金は自分で管理するという夫婦が多いそうです。ちなみに、その負担の割合は、夫7:妻3という夫婦が一番多く、続いて夫8:妻2、夫6:妻4という結果に。夫の方が負担の割合が多いという夫婦が多いけれど、同額を家計に入れているという夫婦も一定数います。

我が家も、毎月一定額をお互い家計に入れ、残ったお金は自分で管理するという方法。とはいえ、相手のお金の使い方にモヤモヤしてしまうことも。きっと夫も私のお金の使い方を改善してほしいと思っているはず(態度でわかります…)。そろそろ腹を割って話し合わないと…とみなさんの意見を聞いて反省しました。
先月の「夫婦のお金相談室!」でもあったように、お互いのお金の価値観があっている夫婦は仲もよくなるそう! とはいえ、その価値観は年齢や年収によっても変わってくるはずです。毎月は難しいかもしれませんが、定期的に家計会議を開いて、お互いのお金に関する考え方を把握することが大切ですね。