Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO 本心はいつまでも一緒に寝たい? いまさら聞けない隣の寝室事情を調査!

女子会で「夫と一緒に寝てる?」なんて質問は気軽に聞けるけど、それが話題になるのは新婚ほやほやの人がいるときか、夫の酷いイビキで悩んでいるときくらいではないでしょうか? だけど、やっぱり隣の寝室事情は気になりますよね。以前は、「出産後も 同じベッドで寝ている夫婦はどのくらい?」というママに限定した質問を投げかけましたが、今回はもっと対象を広げてみることに。anan総研メンバーの新婚から結婚後8年目までの妻たちに、ずばり聞いてみました。

Q.夫とずっと同じベッド(or布団)で寝ていますか?

2

日本の狭い住宅環境もあるのでしょうが、ほとんどの方がご主人と同じベッドで寝ているようです。一緒に寝ているかがわかったら、次に気になるのはベッドのサイズ。シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングの順でスペースは広くなっていきますが、アンケートによると夫婦二人で寝る場合はダブルやクイーンが主流で、シングルベッドを二つ並べているという意見も。ちなみに、キングサイズよりもシングルサイズを2つ並べる方が広いってご存知でした?

もしかしたら「広いベッドで思いっきり寝たい!」という願望があるかもしれませんが、夫婦で一緒に寝ていてよかったと思うことの方がみなさん多いようです。
・夫が湯たんぽ替わりになるから。寒い時にあったかい。(27歳・結婚2年目)
・とりあえず生きていることが確認できる(笑)。ほとんど会話がない日でも、寝る前に会話が多少できるから。(30歳・結婚3年目)
・ほっとする。夫の匂いが好きなので(笑)。(26歳・結婚1年目)
・怖い夢を見てうなされていたときにすぐに助けてくれて、すごく安心した。(30歳・結婚1年目)
・抱き枕代わりにできるのは良い。(31歳・結婚4年目)

分かります! 特に寒い冬。誰かが先に布団に入ってくれているとそれだけで暖かくて気持ちがいいですよね。足のつま先が冷たいときなんかは、夫が湯たんぽ変わりになってとても助かります。ちなみに、「いつまで夫と同じベッドで寝たい?」という質問も投げかけてみると、80%の妻たちがこのままずっと一緒に寝たいという喜ばしい反応。ただし、「今の状態が続けば」という条件がつきましたが……。

ちなみに、布団が別々という方の理由。
・いびきがうるさい。(30歳・結婚3年目)
・子どもと寝たいから。(28歳・結婚5年目)
・ベッドを広く使いたい。(32歳・結婚8年目)

大きくはこの3つに分かれました。率直に思ったのは、ベッドを別々にするお部屋の余裕があってうらやましい! 我が家は多くの方々と同様に夫と同じベッドで寝ているのですが、ダブルベッドに大人2人+子ども2人。ダブルに4人はとても狭いので本来のベッド向きを90度回転させて使っています。かれこれ1年半、ベッドの上で雑魚寝状態です。ほぼ毎晩最後にベッドに入る私は、自分の寝床の確保に苦戦し、縮こまって寝ているせいか起床後疲れがとり切れていないこともしばしば…。なので、出張などで夫がいないときは、ベッドを広く使えて快適です。

ちなみに、素敵なホテルや旅館に宿泊したら、「こんなところで毎日寝たい!」と思ってしまう私。みなさんが理想とする夫婦の寝室環境ってどんなものなのでしょう?
・キングサイズのベッド(シモンズ)でホテルみたいにベッドメイキングしたいです。あと素敵な香りで満たしたい。(31歳・結婚4年目)
・冬は暖かく、夏は涼しい。冷暖房を使わずに室内温度が一定に保たれているのが理想!(33歳・結婚4年目)
・日当たりがよくて、日の光で自然と目が覚める感じ。あと、窓の外には緑が広がっていてほしい。(33歳・結婚5年目)
・物が少なく、灯りが段階的に変えられる。(32歳・結婚2年目)
・朝になったら自動的にカーテンが開く。水を補給しなくても、ずっと加湿器が動いている。(32歳・結婚8年目)

夫婦の理想的な寝室環境って「広さ」が大半を占めるのかと思っていましたが、それ以上に湿度だったり、光だったり、目に見える風景などの感覚的なところが重要なようです。つまり、ベッドがどれだけ大きいかということもよりも、寝室という眠るための空間の快適さが大切なんですね。

時間が合わずにほとんど会話ができなかった日も、同じ空間で同じことをする(=一緒に眠る)という行動は、夫婦の絆を育むうえで想像以上に大切なことなのかもしれませんね。ちなみに、スタイリストが夫婦のためを考えてセレクトしたアイテムをご紹介する記事「夫婦の暮らし改善計画【寝室編】」も、ぜひ参考にしてみてください。

小田原みみ
2014年生まれの女の子&2017年生まれの男の子のママ。夫の転勤のため、地元の広島を離れ東京で子育て中。上の子には毎晩絵本を読み、離乳食もそれなりに頑張り、いろんなものを手作りしたのに、下の子には絵本を読む機会はあまりなく、離乳食は味噌汁かけご飯に既製品…。平等に育てる難しさを感じる今日この頃。

※この記事は、anan総研へのアンケートから構成しています。