Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO 夫婦の記念日、満足してる?

女って記念日が好き! 付き合っている頃は、「祝◯カ月記念日!」「祝◯年記念日!」などと、大なり小なり女子主導でお祝いをしたという方が多いはず。では、カップルから夫婦という関係になったらいかがでしょうか? ちなみに夫婦の記念日の基準は、結婚記念日とお互いの誕生日という声が多く、なかには付き合った日もお祝いしているというマメな夫婦も! では、早速リアルな声を覗いてみましょう。

Q夫婦の記念日を大切にしていますか?

006

なんと、9割近い方が記念日を大切にしているという喜ばしい結果が! 夫婦になってもやはり記念日は大切なのですね。

では、YESの方は記念日をどう過ごし方をしているのでしょう?
・二人きりでいつもよりちょっといいお店で食事するのが、結婚記念日の過ごし方。(33歳・結婚8年目)
・結婚記念日は、ホテルなどの普段は行かない高級レストランへ行く。誕生日も同様です。もしくは、二人が好きな焼肉を食べに行く!(28歳・結婚1年目)
・記念日は家族でお祝いが決まり。子どもと一緒に手作りケーキやお料理を作ったり、プレゼントを買いに行きます。(32歳・結婚8年目)
・私の誕生日は大好きなお寿司屋さんでディナー。夫の誕生日は自然を感じられるデート。付き合った記念日は鰻を食べに行き、結婚記念日は結婚式を挙げたレストランでディナーが定番です。(31歳・結婚1年目)

予想通り!ではないですが、ほとんどの方がいつもよりも豪華な食事と回答されていました。そして、なんだかラブラブ感も伝わってきます。このような決まりがあると毎年の記念日が楽しみになりますね。

一方、NOの方の本音は?
・先は長いので、そんなにお金をかけなくても…と思う。(34歳・結婚3年目)
・主人がイベントに無頓着な人な上に、子どもができてから夫婦で行きたいお店のディナーに行けなくなったから。(32歳・結婚5年目)
・昨年はホテルのランチビュッフェを夫がご馳走してくれました。ありがたいなと思いながらも、別になくても良いと思ってしまった…。(31歳・結婚4年目)

NOと回答された方は、行きたくても子どもがいるからいけないという方と、別にいかなくてもいいという方に分かれました。別にいかなくてもいいという方は夫婦間に隙間風が吹いているように感じました。

Q夫婦の記念日の過ごし方に満足していますか?

007

記念日を大切にしている方が86%だったので、同じくらいかと思いきや満足している人は10%減少。レストランに食事に行けてうらやましい!と思っていたのですが、何が不満なのでしょう?

不満に感じている人の声を具体的に見ていくと…
・夫が、「食事に行くだけ、宿泊するだけでいいじゃん」と思っているところ。少しデートらしいことをしたいと思ってしまいます。(32歳・結婚3年目)
・本音はめんどくさい。(31歳・結婚4年目)
・夫婦二人でゆっくりディナーしたいけど、子どもたちがいるのでなかなかできない。(32歳・結婚8年目)
・記念日について、夫との温度差がある。食事などには行くけれど、とくに結婚記念日を祝う雰囲気ではありません…。(35歳・結婚8年目)

子どもがいるから、はたまたお祝いしたくないなんて意見もありましたが、記念日について夫との意識の差が不満という方がちらほら。夫婦にとって大切な記念日だからこそ、同じ想いで過ごしたいものですよね。

ちなみに、53%の方が理想の記念日の過ごし方があると回答! 気になるその理想はというと…
・普段は私が行きたいところを選んでいるのですが、1回くらいは主人プロデュースで、素敵なお店、プレゼント、サプライズ、5つ星ホテルなど、ベタな演出で豪華な記念日を過ごしてみたい。(35歳・結婚8年目)
・いつも通り一日を過ごして、テレビでも観ながら「結婚記念日、今日だったねー。おめでとう〜」と言いながら缶ビールで乾杯。(31歳・結婚4年目)
・旅行に行って、サプライズでお花やシャンパンをプレゼントして欲しい!(34歳・結婚3年目)
・一回だけでなく、毎年続けられるような記念日をずっと継続していくこと。(33歳・結婚4年目)

ご主人に記念日をプロデュースしてもらう、いつも通り過ごすなど様々でしたが、最後の意見にハッとしました。結婚生活はこれからもずっと続いていくので、毎年続けることが大切なのですね。深い!

私は現在結婚10年目で、1年目は挙式したホテルで食事をしましたが(ホテルからチケットをもらったため)、2年目以降は記憶があやふや。妊娠出産もあって6年目以降はきちんとお祝いをしていません。というより、悲しいかなここ数年はお互いに記念日を忘れる始末。いや、忘れているというか、そんな日もあったね~という感じです(涙)。以前は結婚記念日≦誕生日でしたが、現在の我が家は完全に結婚記念日<誕生日となりました。とはいうものの、誕生日にレストランで食事しているわけでもなく…。一年に数回しかない記念日。個人的にはちょっとオシャレをして、できれば主人と二人でおいしいご飯を食べに行き、デザートとともにバラの花束なんて…と、妄想だけが膨らみます。

結婚生活を維持することって山あり谷あり。そして、夫婦お互いに年齢を重ねたり、子どもの有無によってライフスタイルも変化していきます。だから結婚記念日などの記念日は、夫婦でどのように過ごしたいか、お互いの考えをすり合わせることが大切なのではないでしょうか? どこかへ食事へ行くのもよし、家でお祝いするのもよし、何もしないもよし。普段なかなか話すことのない話題だけれど、二人の未来を考え直すきっかけにもなって、夫婦の形がよりよいものになるはずです。

小田原みみ2014年生まれの女の子&2017年生まれの男の子のママ。夫の転勤のため、地元の広島を離れ東京で子育て中。上の子には毎晩絵本を読み、離乳食もそれなりに頑張り、いろんなものを手作りしたのに、下の子には絵本を読む機会はあまりなく、離乳食は味噌汁かけご飯に既製品…。平等に育てる難しさを感じる今日この頃。

※この記事は、anan総研へのアンケートから構成しています。