Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

妻の本音のYES&NO 子どもを預けてパパとデート、してる?

出産前なら、お互いの予定を合わせて簡単にできていた夫婦のデート。仕事帰りに一緒に食事に行ったり、休日は午前中家でゆっくり過ごして午後からお出かけ。そんな当たり前が、出産後は夢のまた夢。

実際のところ、出産後にデートできている夫婦はどのくらいいるのでしょう?

graph02

アンケートによると、出産後に3回以上、2人きりでデートしたことがある妻はなんと40%以上! う、うらやましい!!!の一言です。

ちなみにデートの行先は……???

・映画館、寿司屋など、子ども連れだとなかなか行けないところ。(38歳・営業職)
・子どもが入れない地元のおいしいお寿司屋へ行っています。(38歳・事務職)
・映画を見て食事。(33歳・事務職)
・クラシックのコンサートに行きました。(35歳・その他)

圧倒的に多かったのは、「映画鑑賞」と「食事(主に寿司・焼肉・子どもNG店)」でした。ふたりきりのデート、映画なら終了時間がわかっているので子どもも預けやすいし、タイムスケジュールが立てやすいですよね。

続いて、「食事」。やっぱりたまには他人が作ってくれた美味しいものを、ゆっくりと食べたい! 子どもが1歳未満の頃は、もう少し大きくなったらいろんなところに食事に行きたいと思っていたけれど、実際動きまわるようになっちゃうと、かえって行きづらく……。抱っこ紐の中やベビーカーでスヤスヤ寝ていた時代のほうが、出かけやすかったかもしれません。

ちなみに我が家は、娘が1歳8ヶ月の時、母子分離型リトミック教室があったので、その際に1時間のランチデートを1回のみ。でも私としては大満足でした。お互い仕事があったり、預けられる人がいなかったり、パパとデートしたくてもできないという人が多いのではないのかな?と感じました。

子どもが生まれると圧倒的に機会が少なくなる夫婦デートの時間。だからこそ、出かけるときは、思い切り楽しみたいですね。

小田原みどり
2014年生まれの女の子&2017年生まれの男の子のママ。夫の転勤のため、地元の広島を離れ東京で子育て中。上の子には毎晩絵本を読み、離乳食もそれなりに頑張り、いろんなものを手作りしたのに、下の子には絵本を読む機会はあまりなく、離乳食は味噌汁かけご飯に既製品…。平等に育てる難しさを感じる今日この頃。

※この記事はHanakoママ読者へのアンケートから構成しています。