Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

しみけんが聞く!セックスレス夫の覆面座談会 どうして君たちセックスレスなの?<前編>

セックスレスな夫

コンスタントにセックスするペースを崩さない。

矢部 セックスレスの定義っていうのはあるんでしょうか?

しみけん 理由なくして1か月しないと、セックスレスって言われていますね。

矢部 結構、厳しいですね…。うち、1か月に1度してる、ってまわりに言うと、「めちゃくちゃしてるね!」って言われますけど。

河原 うん、そう思う(笑)。

矢部 なんか、奥さんが2回くらい生理を迎えてしまうと罪悪感というか、ちょっと期間が空いてしまったな、という感じがあって。そろそろタイミングを合わせなきゃな、という気持ちになりますね。

しみけん コンスタントにペースを保ってセックスするということは、セックスレスにならないためにすごく大事なことなんです。その間隔でセックスするのを1回でもお休みしたら、終わりの始まりだと思ったほうがいい。

矢部 でも、女性側から「そろそろセックスしたほうがいいんじゃない?」って言いにくいでしょうね。

しみけん 男はプレッシャーに弱いから(笑)。女性側からやる気を見せられたら引くかもしれませんね。やる気を見せず、色気を出す方法を考えたほうがいいです。でも、女性側が言わないといよいよしなかったりするのかもな…。そういう空気感って、お互いわかりますよね。

河原 でも疲れていたり眠いときに来られると、余計にキツいですよね。そのへんは察してほしい。

しみけん セックスに誘う側も相手の都合を考えることは大事ですよね。そして、断られても落ち込まない。日本人は「断られる練習」が足りないですから。

矢部 常にお互いに観察して、いいタイミングを見逃さないっていうことが大事なんですかね。

セックスレスな夫

夫婦ゲンカは「怒らず、悲しむ」。

しみけん 夫婦ゲンカをするときにも、気をつけなくてはいけないことがあって、怒鳴りあうケンカをするカップルはセックスレスになりやすいんです。逆に、悲しむケンカはセックスレスになりにくい。悲しまれると男の方も「申し訳ないことしちゃったな」という気持ちがわきますけど、ガーッと怒鳴られると頭にきたりするじゃないですか。怒りとエロは真逆だから。

河原 確かにそうですね。奥さんが子どもを怒鳴っているところをとかを見ても、ひいてしまいます。

しみけん あと、奥さんを尊敬しちゃっても男は萎縮してできなくなっちゃうんです。だから、完璧すぎない女性のほうがセックスレスにはなりにくいのかも。日頃から自分がちょっとヌケていたり、失敗しちゃったりっていうところを旦那さんに見せておいたほうがいいと思います。

矢部 わかります。ちょっと隙があるくらいのが人間らしくて安心しますよね。

「自分のものだ」と思わせない。

しみけん あと、すごくベタなことなんですけど、男女ともに裸をしょっちゅう見せないほうがいいです。日常的に裸を見せていると、男は「完全に自分のものだ」と認識して、慣れと安心感から性欲がわかなくなるんです。

矢部 お風呂も一緒に入らないほうがいいんですか。

しみけん そのほうがいいですね。入ったとしても、バスタブに乳白色になる入浴剤などを入れて、裸が見えないようにしたほうがいいと思います。または、電気を消して薄暗くするとか。

河原 安心感を与えるとダメということですね。

しみけん そうです。そういう意味で、結婚していても常に男のニオイをさせたほうがいいと思います。たまには「男友だちとゴハンに行ってくるね」とか言ったほうが、男は焦ると思いません?

矢部 河原 確かに!

いいセックスも悪いセックスもその日で忘れる。

河原 僕が奥さんとセックスレスになったいちばんのきっかけは、最後にセックスしたときに、途中で萎えてしまったことなんです。

しみけん どうして萎えたんですか?

河原 なんか、奥さんの体型が崩れていることに気づいてしまったんです。うちの奥さん、昔は胸にハリがあってスタイルが良かったんですけど、そのときに見たら胸が垂れていて、下半身も太ってきていて。そのときの浮気相手が若かったので、その子と比べてしまうと無理もないんですけど…。そこからまた萎えてしまうのではないかと思うと、セックスできなくなってしまったんです。

しみけん その解決法はあるんです。それは、いいセックスも悪いセックスも、その日で忘れるということ。そうでないと前と比べてしまいがちです。でも、男性も女性もそのときのバイオリズムや体温、ホルモンバランスがありますから。環境もそのときどきで違う。女性側も「今日は旦那さん、萎えちゃったな」っていうときがあったとしても、その日で忘れたほうがいいです。男女ともに、その日のベストを尽くそう、っていうのが大切だと思いますよ。

矢部 なるほど。引きずってしまいがちだけど、忘れないといけないですね。

しみけん あと、河原さんは奥さんの体型に萎えてしまったということですけど、やっぱり男女ともに見た目をキープする努力をしている姿は見せてほしいですよね。

河原 そう思います。結婚はゴール、みたいな感じで、旦那さんにはありのままを見せていいと思っている人が多いかもしれないけど、それだと女性として見られなくなります。

矢部 そうですね。女性を諦めないでほしい。結果はどうあれ、トレーニングしているところを見たりするとこっちも刺激をうけますよね。

しみけん 矢部さんも諦めないで!(笑)
後編は12月15日配信予定!

しみけん
AV男優。著書は『光り輝くクズでありたい』(扶桑社)、『やっぱり熟女がいちばんでした』(角川書店)など。2018年7月にブロガー・作家のはあちゅうさんとの事実婚を公表。ツイッター のフォロワーは31万4500人(2018年11月現在)。オフィシャルブログ「光輝くクズでありたい」も好評。

写真〇内山めぐみ 取材・文〇古屋美枝

これまでのしみけんさんインタビューはこちらから
スペシャルインタビュー前編 バレなければ浮気はあり!?
スペシャルインタビュー後編 女性の年齢と魅力は比例しない!?