Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

しみけんが聞く! セックスレス夫の覆面座談会 どうして君たちセックスレスなの?<後編>

セックスレスな夫

塗り薬を塗るところから始める。

河原 僕、奥さんと手をつなぐっていうことにもう、抵抗があるんですよね。

しみけん よく聞きますよね。奥さんからつなごうとしてきたら、夫がさりげなくかわしたりするって。手をつなぐって、心のつながりはあれど、物理的な気持ち良さはないですからね(笑)。相手に好意がないとできないことなんです。だから、手をつないでいるカップルって、本当にすばらしいと思います。

矢部 じゃあ、手もつなげないセックスレス夫婦はどうしたらいいんですかね。

しみけん まず指で薬を塗ってあげるところから始めるといいらしいです。僕が以前、お医者さんに聞いた話なんですけど、「相手のことは好きだけれど、性的なところに触られると嫌悪感しかない」っていう人は、触られることを嫌がっているから、虫刺されとかおできに薬を塗ってもらうところから始めるといいって。

河原 なるほど。

しみけん 薬を塗るということなら、お互いに大義名分があるから抵抗がない。そうやって、触られることへの嫌悪感や抵抗感を取り除いていくということですね。

矢部 虫刺されやおできを見つけたら、すかさず薬をつけないとですね(笑)。

しみけん 一歩一歩ですね。おできに薬を塗る→マッサージする→腕を組む→普通に手をつなぐ→恋人つなぎをする、みたいに。相手の触れる、ということに慣れるようにしましょう。

_G4A2423

運動と食事で男性ホルモンの分泌を促進。

しみけん セックスレスの原因の1つにどちらかの男性ホルモンが少ないというのも考えられます。性欲=男性ホルモンなので、男性ホルモンが少ないと、セックスレスになりやすいんです。

河原 男性ホルモンの分泌を活性化するにはどうしたらいいんですか?

しみけん 運動するのがいいですね。運動すると男性ホルモンと成長ホルモンが出ますから。筋トレがおすすめです。夫婦でスポーツジムに通ったりすると、絶対にいいと思いますよ。体型も改善できるし。

矢部 それ、いいですね。夫婦で一緒に過ごす時間も増えるし。

しみけん あと、男性ホルモンの分泌を促すには、食事も大切。毎日の料理の中に、ブロッコリーと山芋、アボカド、青魚を入れるといいと思います。

河原 奥さんならそのあたりコントロールできたりしますもんね。

しみけん そうそう。ちなみに、僕も毎日食べてるものばかりです。

矢部 奥さんとは義務的にセックスしている感じ、と最初に言いましたけど、した後って、すごく仲良くなれるんですよね。前にしてしまって悪かったな、と思っていたことなどを「あのときはゴメンね」って、素直に言いやすくなります。だから、セックスはできるなら絶対したほうがいい。夫婦のコミュニケーションがうまくいくと思うんです。

河原 そうですよね。うちもそうだけど、子どもにあまり手がかからなくなってきた時期くらいからが、特にあったほうがいい気がしますね。

矢部 きっと、そこからが勝負ですよね。

しみけん まず話し合いすることをサボらないで、明るい家庭を築いてください!


しみけん
AV男優。著書は『光り輝くクズでありたい』(扶桑社)、『やっぱり熟女がいちばんでした』(角川書店)など。2018年7月にブロガー・作家のはあちゅうさんとの事実婚を公表。ツイッター のフォロワーは31万4500人(2018年11月現在)。オフィシャルブログ「光輝くクズでありたい」も好評。

写真〇内山めぐみ 取材・文〇古屋美枝

これまでのしみけんさんインタビューはこちらから
スペシャルインタビュー前編 バレなければ浮気はあり!?
スペシャルインタビュー後編 女性の年齢と魅力は比例しない!?