Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

気になる現場に体当たり取材! カウンセリングを受ける8割がセックスレス!? 離婚カウンセリングに潜入!【後編】

離婚を決めた人だけではなく、離婚しようか迷っている、夫婦関係が上手くいかないという「離婚未満」の悩みで駆け込む人も多い離婚カウンセリング。前編に続き後編では、夫婦問題とは切っても切り離せないセックスレスの問題、子供の前での喧嘩の影響などについてお聞きします。

約8割もの夫婦がセックスレス。

編集部T 不倫、金銭問題に引き続き多い悩みは何でしょうか。

矢野さん セックスレスですね。これも、複合的な悩みの中のひとつなのですが、話を聞いていると出てくるワードです。

編集部T 周りには相談しにくいけれど、プロのカウンセラーの方になら言いやすいのもあるかもしれませんね。

矢野さん それはありますね。お話を聞いていると、相談に来られる夫婦の約8割はセックスレスかもしれません。

編集部T 原因は何でしょうか。

矢野さん やはり、男性の場合は家族になってしまって、妻をその対象に思えなくなってしまったという人が多いですね。もちろん妻自身に魅力がなくなったわけではなく、それは本能的な問題です。また、女性の場合は育児、家事、仕事に追われていて余裕がないうえ、部屋が少ないという日本の住環境などの原因が多いようです。

編集部T 子供と一緒に寝ている部屋ではしづらいですね。

矢野さん それから、スマホの普及などで娯楽が増え、性欲自体が減退している男性も増えている気がします。

編集部T 確かに、男性の草食化問題も、セックスレスにつながっていきますね。

矢野さん 女性の場合、男性と違って性欲というよりも、愛情を確認したくてセックスを求めるという人が多いですね。ただ、仲良しの夫婦が必ずしもセックスをしているわけではありません。逆に、夫が浮気を隠すために妻とも頻繁にしていた、というケースもあります。

編集部T その場合は、セックスがあったとしても辛いですね。

矢野さん 一度、セックスレス問題は置いておいて、夫婦でコミュニケーションをとることに目を向けてみると、少しづつ関係性が戻ってくることもあります。また、女性の場合、他の男性と食事に行ったりプラトニックなお付き合いをするだけでも、心が満たされるということもあります。

女性はまず、自分を大切にするべき。

編集部T たとえば、離婚したい人でも子供のためにガマンしている人は多いと思いますが、いかがでしょうか。

矢野さん お子さんがいると、そこでだいたいの方が踏みとどまっていますね。ただ、子供はとても敏感で、親の喧嘩でとても傷ついています。また、「子供がいる間は離婚しない」と腹をくくっている場合ならいいのですが、親が迷っていて不安定だと子供は「自分が犠牲になっている」と感じます。その場合、子供にとっては、ママがひとりで楽しくしている方が幸せかもしれません。

編集部T 確かに、迷っている状態だと子供も不安になりそうですね。

矢野さん そういう女性には、「子供も大事だけど、自分も大切にしてほしい」と伝えるようにしています。どうすれば幸せか、自分の人生を考えることも重要ですね。

編集部T 子供のことを中心に考えて、自分は後回しにしてしまうというお母さんはとても多いです。確かに、自分がどう人生を送りたいかで選択も変わってきますね。

妻の怒鳴り声はただの雑音にしか聞こえない。

編集部T ちなみに、うまい夫婦喧嘩のコツってありますか?

矢野さん 男性は攻められるのが一番苦手です。「なんで~してくれないの?」という言い方は避けましょう。「~してくれなくて寂しい、悲しい」など、冷静に気持ちを伝えることが大切です。

編集部T イラッとすると、つい攻めてしまいます。反省です・・・。

矢野さん それからヒステリックになって大声で怒るのもNGです。男性は、女性の怒鳴り声を、ただの雑音でしかとらえていなくて、内容は耳に入ってきていません。たとえばお子さんを叱るときもヒステリックになると、子供は「うるさい」と思うだけ。大きな声で怒鳴る必要は全くないのです。

編集部T 子供を叱るときも、つい声を荒げてしまいますがダメですね。

矢野さん こういうところを少しづつ気を付けるだけで、夫婦関係も子供との関係も良好になるんですよ。

編集部T 多くの夫婦を見てきた矢野さんだからこその回答、とてもためになります。離婚カウンセリングは、夫婦仲改善のためのカウンセリングでもあるんですね。

矢野さん 「離婚したい」といっていらっしゃる方の半数は、離婚せずに解決できることが多いんです。お1人で悩まずに、ぜひ気軽に相談にいらしてほしいですね。

今回、矢野さんとお話して、的確なアドバイスはもちろん、プロの第三者の目から悩みを聞いてもらうことで自分の気持ちを整理することができるのも大きなメリットだと感じました。ひとりだと、悶々と悩んでしまい、悩みのスパイラルに陥ってしまいがちですが、「自分がどうしたいのか」「何を望んでいるのか」ということが鮮明に見えてきます。
また、矢野さんが在籍する銀座カウンセリングルームでは、対面のカウンセリングのほかに、砂とミニチュアの小物を使いながら深層心理を探る「箱庭療法」を実施。気づいていなかった心理状態や願望が分かるので、興味ある方はぜひ試してみてください!

矢野えり
心理カウンセラー。一般社団法人銀座カウンセリングルーム在籍。高校生、大学生の息子を持つ母。離婚を経験し、生き方を模索する中、心理学、コーチングなどを学び、今の職業に。自身の経験を生かした、相談者に寄り添う等身大のカウンセリングが人気。

一般社団法人銀座カウンセリングルーム
https://ginza-counseling.com/
面談カウンセリングは、30分¥5000から。夫婦カウンセリングの場合も同額。