Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

世界の夫婦事情を調査。 妻になっても母になっても、いつまでも「男女の関係」でいるフランス夫婦の秘密【後編】。

前編では、日頃から夫婦の時間を大切にするフランスの夫婦の習慣や、妻や母になっても「男女の関係」を大切にする関係性を教えてもらいました。続く後半では、フランスの夫婦事情について、もう一歩踏み込んでみます。


参加者
Aさん…フランス在住10年。パリで知り合った日本人の夫と4年前に結婚。1歳半になる長女との3人暮らし。
Kさん…フランス在住12年。8年前にフランス人の夫と結婚。6歳の長男、4歳の長女とパリ郊外に暮らす。

喧嘩をするなら、とことん話し合う。

編集N これまでのお話を聞いていると、フランスの夫婦の在り方って非の打ち所がないように感じるのですが、夫婦喧嘩などはあるんですか?

Kさん もちろんです! それは、日本でもフランスでも変わらないんじゃないかな。統計をとったことがないからわからないのですが、妻たちで集まると話題が夫の愚痴になることがありますよ(笑)。我が家でも、喧嘩は日常。夫は主張が強い分、頑固すぎてイラっすることばかり。しかも、何か問題が起きても、「セ・パ・グラーヴ(大したことじゃない)」が口癖だし、自分の非を認めたがらなくて。

Aさん その口癖、フランス人あるあるだよね(笑)。私、以前フランス人夫婦のお家に招かれたことがあるんだけど、ご主人が私のある行動が気に入らなかったみたいで機嫌が悪くなっちゃったの。「ごめんなさい。これからはもうしないから」って何度も謝っても、パーティーの間中ずっとネチネチ言われて(笑)。「僕は嫌だったんだ」の一点張り。謝っているのに一向に解決しなくて、口論になったことがある。そうしたら、奥さまの方が「いつものことだから彼は放っておこう」って諦めたように呟いたの。そのときは、夫が協調性のある日本人でよかったって思ったくらい(笑)。

Kさん 確かに、日本人だとその場は空気を読んでやり過ごせそうだよね。やっぱり、生活していると文化の違いは感じることがあって、小さな喧嘩だとまだ許せるんだけれど、大きな喧嘩になると心の中で「離婚してやるっ!」って思ってる(笑)。

編集N でも、実際に離婚しない理由は?

Kさん やっぱり彼が好きだからっていうことが大きいかな。大喧嘩をしたときこそ冷静になって、“別れないために何ができるのか”を考えながら、夫と話し合うようにしています。しかも、私も主張しないと負けちゃうから、お互いが納得するまでとことん議論することになるんですよ。根気がいるし、ときには疲れてどうでもよくなることもあるけど(笑)。でも、それが離婚せずにいられる理由なのかも。お互いに思っていることを話せなくなったら、いよいよ終わりなのかなって。

Aさん 私たちは、喧嘩になる前にお互いが回避しちゃうこともあるかも。それってすごく日本人的な考え方なんだろうな。でも、フランスで10年ちょっと暮らしているうちに、少しは主張するようにはなった。前ならぐっと我慢していたことも、日常でフランス人を相手に生活していたら、言わなきゃ伝わらないんだってわかったから(笑)。

編集N どこの国でも、やっぱり夫婦喧嘩はあるとわかってちょっと安心しました。

Kさん フランスでは、ラブラブな夫婦も多い反面、夫婦仲がうまくいかなくなったらすぐに離婚する夫婦も多いですよ。パリでは2組に1組は離婚するって言われてますし。

編集N 多いですね!

Aさん 日本では、子どものことを考えて離婚を踏みとどまるという人が多いように感じるけれど、こっちでは自分が機嫌よく暮らせることが子どもにとってもいいことっていう考えというか。

Kさん 親である前にひとりの人間だもんね。お互いによくない関係を続けていくよりかは、離婚をして健やかに暮らす方を求める人が多いってことなんだろうね。あと、夫婦であってもお互いに自立しているっていうところもあるかも。お互いに仕事もあって、シングルになっても今まで通り子育てができるし、離婚しても週末は順番に子どもと過ごしたり。それで、また新しい恋をして結婚したりね。

Aさん うん、いくつになっても積極的にパートナーを探すっていう人が多いのも、フランス的かもね。

セックスレスが離婚の原因に!?

Kさん こっちではセックスレスが離婚の原因になったりもするしね。

編集N セックスレスが!?

Kさん はい。私のまわりでも、離婚しそうになった夫婦がいましたよ。結局は離婚はしなかったんですけどね。でも、理由なく一定期間のセックスレスになった場合は正当な離婚理由になるとフランスの法律にあるくらいなんですよ。

Aさん でも、つまりはセックスレスになってしまうくらい、夫婦の関係がうまくいっていないってことだよね?

Kさん うん、そういうことになるよね。どれだけ結婚生活が続いても、「セックス=愛情表現」って感覚はなくならないんだろうなって思う。

Aさん 前にフランス人の夫がいる日本人妻たちの赤裸々トークを聞いていたとき、「週に2、3回はあたりまえ」「自分の性欲がなさすぎるのかな」って悩んでいる妻たちがいて、そんなに情熱的なんだってすごく驚いたことがあって。でも裏を返せば、いくつになっても「男女の関係」を大事にするフランスらしいなって思ったの。

Kさん そうだね。妻であっても、いつまでも恋人のように想っているんだろうね。だから、日本のように“セックスレスになっても家族なんだから”っていう感覚がない。セックスレス=男女の関係が終わったということだから、離婚する人が多いのかな。

編集N 『夫婦の時間』ではセックスレスに悩む人たちについて、色々と取材したのですが、確かに「家族」になってしまうことが原因のひとつにある気がします。

Kさん でも、いきなりその考え方を変えるのって難しいですよね? 私も日本人だから、その感覚はすごくわかるんです。実際、それで夫と喧嘩したこともあります。ちょうど二人目が生まれて、いっぱいいっぱいだったとき。

編集N そのときはどうやって解決したんですか?

Kさん 夫と話し合って、私も改める部分があったなと反省しました。夫から、「なんでしたくないの?」って聞かれたとき、自分でも理由を考えてみたんですよね。そのとき、私が夫のことを「家族」や「パパ」として見てしまっていたからなんだって気づいて。そこから私も、夫のことをひとりの男性として意識するようにしました。もちろん、子どもたちといるときは「パパ」という意識が強いんですが、夫とふたりの時間を過ごすときは、恋人だったころの気持ちを思い出すようにしています。ルックスはお互い変わっているけれど(笑)、一緒に歳を重ねられてきたことが嬉しいなって思えるようになりました。

Aさん 素敵だね!

Kさん もちろん、それが毎日じゃないよ。今朝も、「俺のせいじゃない、たいしたことじゃない」って言われてイラっとしたし(笑)。

Aさん でも、いつまでも「女」として接してもらいたいなら、こちらも「男」として接することが大事なんだね。つい「パパ」って呼んじゃうけど、これからは名前で呼ぶようにする。

Kさん あとは繰り返しになっちゃうけど、夫婦で過ごす時間がやっぱり大事だと思う。Aさんみたいに、二人でカフェに行く時間を作るのもすごく素敵だと思うし、たまには子どもを預けて外出してみるとか。夫婦の時間っていつでもあるように感じちゃうけど、意識的に作らないとなかなかとれないよね。

Aさん うん、そうだよね。夫婦の時間がないと、どこかでズレが生まれてしまう気がする。夫婦の時間、家族の時間の楽しみ方が、フランスの夫婦は上手だなって思う。そこは私たち日本人も、どんどん真似していきたいよね。

ライフステージが変化しても、積極的に夫婦の時間を作り、そのひとときを楽しんでいるというフランスの夫婦。日常的にあるという二人の時間が、夫婦関係の軌道修正にも役立っているのだと感じました。また、これまでも結婚すると急に「女」としてみられなくなったと悩む妻たちの声を聞いてきましたが、もしかするとそれは妻側も夫のことを「男」として意識しなくなっているからかもしれませんね。いきなりデートは無理でも、週に何回かは夫婦で話す時間を作ってみると、夫婦の関係が少しずつ動き出すかもしれません。