Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

音楽の力で夫婦円満! 新婚時代の甘い感覚が蘇る。 聴くだけで夫婦仲が縮まる音楽とは?【前編】

結婚当初は仲良しだったのに、子供が生まれたり、時が経つにつれて、いつの間にか空気のような存在に…。空気ならまだしも、夫がいるだけでイライラする! という妻も少なくないもの。

「もう割り切っている」という妻もいるけれど、これを読んでいるあなたはなんとか、昔のような関係に戻りたい、もしくは夫婦仲を少しでも良くしたいと、サイトや本を参考に努力をしていているのではないでしょうか。
私自身、夫婦仲が冷めてきたことに悩んで色々試してきましたが、中でも即効性があり、ハッキリとした効果を実感しているのが、今回ご紹介する方法です。

その方法というのは…、クラシック音楽を聴くこと。「えっ、それだけ?」と思われるかもしれませんが、私は実際に2年前から試していて効果をハッキリと実感しています。
そのきっかけを作ってくれたのが、医学博士である藤本幸弘先生。
幼少からクラシック音楽に触れる環境で育った経験を活かし、医療とクラシック音楽の関係性について研究され、エビデンスをもとに驚くような音楽の効果を提唱されています。

今回、藤本先生にRithinkの読者に向けて、夫婦仲をグッと縮める音楽についてお話を伺いました。

自律神経とホルモンのバランスを整える。

実は、「夫婦関係の改善にも、クラシック音楽は有効」だと藤本先生。

「例えば、夫婦喧嘩するときに、女性の場合、ついカッとしてまくし立てて怒ってしまう時があるのではないでしょうか。また、生理前のホルモンバランスの変化で精神不安定なときに、いつも以上に夫に対してイライラしてしまう、ということがあると思います。ただし、言い換えれば、女性側が穏やかな気持ちでいることができれば、夫の行動や言動もスルーすることができたり、落ち着いて注意をすることができますよね。まずは、相手をどうにかしようということよりも、自分の気持ちを鎮静させることが大切です」

確かに、自分の機嫌のいいときは、夫が家事をしてくれなくてもそんなに気にならないもの。ただ、いつも穏やかな気持ちでいることが難しい…。

「そんなときに、聞いてほしいのがクラシック音楽なんです。クラシック音楽は幅広い周波数と複雑な旋律で構成されていて、感動を生む仕組みで構成されています。すると、脳から快楽ホルモンのドーパミンが放出され、ホルモンバランスが整い、イライラの原因となる自律神経の乱れも調整されます。すると、ちょっとしたことで相手に感謝できたり、今ある幸せを感じることができたり、心に余裕が出来て人に優しくなれるのです」

確かに、相手の機嫌を取るよりも、自分が機嫌よくなる方が手っ取り早い! 私自身、クラシック音楽を毎日、流し始めるようになったら、気持ちが穏やかでいることが多くなった気がします。すると、夫に対しても子供に対しても、イライラしにくくなる。そして、確かに優しい気持ちをもつ余裕が生まれるので、喧嘩も少なくなるのです。

美容やアンチエイジングへの効果も大!

「さらにクラシック音楽の良いところは、ホルモンバランスと自律神経が整うことで、肌荒れが改善したり、代謝が良くなって、太りにくくなったり、エイジングを遅らせることができるなど、女性にとって嬉しい美容効果がたくさんあります」と藤本先生。
音楽を流すだけで美容にいいなんて、とっても手軽!

「以前、患者さんに実験したことがあるのですが、恋愛の楽しい思い出を回想しながら1日1時間以上ショパンの曲を聞いてもらったら、約10日間で肌の水分量やハリが大幅にアップしていました。普通に流すだけでも効果的ですが、ときめきながらロマンティックな旋律を聴くことで、さらに女性ホルモンが活性化するのです」

今は、ネットでも聴くことができるし、家事をしながら流すだけでOKな手軽さも嬉しい。

夫のストレスもクラシック音楽で解消。

女性への効果はもちろん、男性も同じメカニズムでクラシック音楽は有効。では、歌謡曲などポップスだとダメなのでしょうか?

「もちろん、好きな音楽ならどんな曲でもリフレッシュできるのですが、自律神経とホルモンバランスの調整に焦点を当てると、やはりクラシック音楽が有効。なぜなら、メロディー、ハーモニー、リズムの3つの要因が揃い、そして、オーケストラだとしたら様々な楽器により高い周波数を奏でるのがクラシック音楽。脳は、難解な刺激ほど喜び、活性化するのでぜひクラシック音楽を聴いてもらいたいのです」

とはいえ、男性でクラシックが苦手という人は多いと思うのですが…。

「クラシック音楽を聴く習慣がない男性も多いと思いますが、耳が慣れてくれば心地よく聴こえるもの。まずは、妻が、家でクラシック音楽を流す習慣を作ってしまいましょう。自然とそれが耳に入ることで、夫の情緒も安定し、ストレスが緩和されていくでしょう」

実際に、うちの夫は家でクラシック音楽を聴いたことがなく、私が聴いていると好きな音楽に変えたりしていたのですが(笑)、根気よく続けるうちに、そのまま流していても他の音楽に変えることも無くなりました。
さらに、家にいるときに不機嫌な態度をとることも減ってきたような気がします。
これは、聴かなくちゃソン! ぜひ日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

次回の後編では、藤本先生オススメのシーン別クラシックの名曲をお聞きします。

IMG_8488

藤本幸弘先生
ふじもと・たかひろ●クリニックF院長。医師、医学博士、工学博士、薬学博士、MBA。信州大学医学部医学科卒業、東京大学大学院医学系研究科 医学博士課程修了 博士(医学)、東海大学大学院総合理工学研究科 後期博士課程修了 博士(工学)、慶應義塾大学大学院薬学系研究科 後期博士課程修了 博士(薬科学)。世界水準を満たす機器のラインアップと技術力で、世界から患者が集まるレーザークリニックの院長。プライベートでは両親共に吹奏楽を中心としたクラシック音楽に精通する家庭で育ち、無類のクラシック・オペラファンとしても知られる。クリニックでは、レーザー治療に伴う痛みを軽減する目的で本人選曲によるクラシック音楽が常にBGMとして流れている。ユニバーサルミュージック社よりクラシックとジャズのオムニバスCD6枚発売中。近著、「美しくやせる食べ方 ディフェンシブ~体を守る~栄養学」(学研)が好評発売中。

2020年3月2日に藤本先生が企画・指揮を務めるコンサート『音楽は名医』を開催予定。脳の活性、ホルモンの分泌の効果のある曲を生のオーケストラで、ぜひ堪能してください。
チケット料金:¥6,500(税込)、自由席 ¥5,000(開演19:00、会場18:00)
会場:東京オペラシティコンサートホール
お申込み・お問い合わせ:イープラス https://bit.ly/20200302
未来音楽企画:03-5946-9455(平日10:00~18:00) 主宰:藤本ミュージックアカデミー

安田光絵
美容・恋愛ライター。マタニティプランナー。 当webマガジン『Rethink夫婦の時間』ディレクター。