Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

YOPPY×千壽公久の夫婦のかたち 将来のことを話すのが、今は大事な夫婦の時間

モデルのYOPPYさんとファッションブランドでディレクターを務める千壽公久さんが結婚したのは2015年。今年2月には第一子となる娘のことこちゃんが誕生しました。ベビーが生まれたことで夫婦の関係はどう変化したのでしょう。

YOPPY 千壽公久

YOPPY  それがあまり変わってないんです! 我が家には結婚当初から私の“連れ犬”愛犬パトリシアがいたので二人きりの時間ってめちゃくちゃ少なくて。もともと犬好きだった夫は遊びに行くのも、ごはんを食べに行くのもパトちゃんのことがまず第一!

千壽 ダルメシアンは大型犬なので1日3回はお散歩へ。犬は寿命が短いから人間の体感時間×7倍で考えてあげないと……。

YOPPY 3時間待たせたら人間なら21 時間待たせたのと同じなんだよって言うんです! だから、こっちゃんが生まれる前でも二人だけで出かけるなんて映画に行くくらいやったよね。

千壽 そうだね。でも、映画を観ていてもパトのことを思い出して帰りたくなったり(笑)

YOPPY 『ジュラシック・ワールド』の恐竜の目がパトちゃんに似てる~っておとうさん(公久さん)が言うから(笑)。でも、娘が生まれてからは、いろいろ相談したいこともあるので、二人で話し合う時間は増えたと思います。

YOPPY

千壽 僕が仕事から帰ってくるころにはこっちゃんはもう寝ているので。家事が落ち着いた22時から23時くらいが夫婦の時間ですね。

YOPPY といっても、たいていは私が“もっとあれして!”とか“ここ行きたい!”とかお願いする“要求タイム”です。(笑)。

千壽 赤ちゃんのことって細かいことがいろいろあるじゃないですか。役所に行かなきゃいけないとか、病院つれて行くとか。そういうことをよっちゃんはちゃんとやってくれているし、こまめに報告をしてくれる。それは嬉しいし、感謝しています。

千壽公久

YOPPY あと最近はじめたことと言えばキックボクシング。

千壽 僕がずっと習っていたジムに彼女も一緒に産後エクササイズとして通うようになりました。

YOPPY 私は“おとうさーん”って叫びながらパンチング。娘とパトちゃんがいるので、おとうさんの中で私は永遠の第三位(笑)。もっともっと私も見て~ってストレス発散しています。これも大事な夫婦の時間(笑)。

千壽   今はめまぐるしい毎日なので二人だけの時間を作るのはなかなか難しいかもしれない。でも、いずれは家族でキャンプやフェスにも行きたいし、海外旅行もしてみたい。そんな相談を妻としている時が今は楽しいし、僕にとって大切な時間です。

YOPPY もう少し余裕ができたら、二人でお出かけも増えるかも? 夫婦で世界遺産を巡るのが私の夢。それは夫婦二人きりで行こうね!

千壽 うん、そうだね(笑)


YOPPY
1980年大阪府生まれ。雑誌『Zipper』のモデルやガールズバンドTHE★SCANTYのヴォーカルとして活躍。愛娘との日々をアップしたインスタも人気。

千壽公久
1970年東京都生まれ。90年代からストリートスタイルを牽引。昨年「upper field one」を立ち上げる。

シャツワンピース1万6800円(ケレン Tel.06-4390-7008) その他私物

写真〇山口明 スタイリスト〇タルヤマリナ ヘアメイク〇ナライユミ 取材・文〇梅原加奈