Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

夫婦に優しい時短ごはん 喉ごしつるっ! 暑い日に嬉しい、ひんやりうどんレシピ。

ジメッとした暑さが続いたと思えば、電車の中や屋内に入ると凍えるように寒く、すでに夏バテ気味のライター野村です。

先月、私の夏うどんな日々をご紹介しましたが、まだまだ冷凍うどんブームは継続。いや、むしろもっと盛り上がっています。よりさっぱり、涼やかになれるレシピを見つけたので、今回も勝手にレコメンドさせていただきます。

S__29909065

前回ご紹介したテーブルマークの「さぬきうどん」を覚えていますか?(未チェックの方はこちらからどうぞ)

そのコシのあるさぬきうどんを使って、パスタ風にアレンジしたり、焼うどんにしたりと楽しむ日々が続いた我が家。もちろん、テーブルマークのサイトにあるレシピを参考にいろいろ作っていたのですが、そのサイトで「稲庭風うどん」の存在を知りました。週2で冷凍うどんを食べていたので、バリエーションを増やすべく「稲庭風うどん」に挑戦したところ、これがまたまた我が家でヒット。細めの麺で、つるっとした喉越しだから冷やしうどんにするにはぴったり。つまり、夏の強い味方なんです! ちなみに稲庭うどんは、秋田県で作られる手延べうどんのことで、このおいしさを冷凍で再現したのがこの冷凍「稲庭風うどん」。

爽やかな風味で夫も絶賛!

S__29909063

とにかくさっぱりとしたものが食べたかった日に作ったのが、この「冷やしすだちうどん」。5分で完成するという、超簡単な時短レシピです。最近は最寄駅に着く前にテーブルマークのサイトをチェックして、その日の献立を決めるのが習慣になっているのですが、暑くてヘトヘトだった夜に惹かれたのがこちらでした。閉店間際のスーパーに駆け込み、残り2個だったすだちを手にしたのですが、なんと1個は皮が黄色。すだちって緑色が魅力なんじゃ…とも思ったけれど、他のスーパーを回る元気もなかったのでレジに直行。図らずも2色のカラーとなってしまいましたが、これはこれでフォトジェニック!?(自画自賛) 

このレシピ、本当に簡単(すだちをカットするくらい)なので、「料理したくない…」という日におすすめです。冷凍うどんはチンして冷水でしめるだけというのも、やっぱり夏には大助かり。汗ダラダラで料理するのって本当に辛いですもんね…。肝心の味はというと、白だしの風味が優しく、すだちの爽やかさが口いっぱいに広がりとっても涼やか〜! 夜遅めの夕飯でも重くないところもお気に入りです。自転車通勤のため汗だくで帰ってきた夫も、冷たいうどんで生き返った様子。「これくらいさっぱりしたのがいいね」と、夏のメニューの定番になりそうです。なにより、すだちを並べる工程が楽しくて、いつになく真剣に盛り付けてしまいました。

時間のある休日は、つけつゆにこだわる。

S__29909061

休日のランチをどうしようか考えながらサイトを眺めていると、なにやら楽しそうなレシピが目にとまりました。それがこの「つけつゆ3種で楽しむ冷やしうどん」です。つゆに注目していただきたいのですが、左から、さっぱりとした「トマトつゆ」、うまみたっぷりの「肉つゆ」、納豆のとろみがよく絡む「納豆つゆ」の3種。正直なところ、3種もつゆを作るのって手間がかかるのでは?と一瞬悩んだのですが、本当に15分くらいで完成。なんだかテーブルの上もにぎやかで、ちょっとしたパーティ気分を味わえます。

しかもこの3種のつゆが「稲庭風うどん」と本当にぴったりで、我が家では2玉では足りず、途中で1玉追加。レンジ加熱できるありがたみをひしひしと実感した瞬間です。

S__29909060
夫のお気に入り「トマトつゆ」。角切りにしたトマトとツナ、めんつゆを合わせて、パセリを散らすだけ。めちゃくちゃ簡単。

個人的ベストは「納豆つゆ」。大根おろしも入っているのでさっぱりとしていて、細い麺ともよく絡んで美味でした。夫的ベストは「トマトつゆ」。最後まで「肉つゆ」と迷っていましたが、トマト×ツナの組み合わせが新鮮で、夏らしくて好きとのこと。いままでは薬味でしかアレンジできなかったので、つゆレシピを知れたのはとっても嬉しい発見。休日で時間があったので3種作りましたが、忙しい平日はお気に入りのつゆだけを選んでもよさそうですよね。

我が家の冷凍庫に、「稲庭風うどん」もスタメン入り。コシのある麺を食べたいときは「さぬきうどん」、滑らかな喉ごしを楽しみたいときは「稲庭風うどん」と使い分けています。本当に冷凍うどんは妻の味方。まだ試したことがない人は、騙されたと思って挑戦してみてください。

今回作ったレシピはこちら!
冷やしすだちうどん
つけつゆ3種で楽しむ冷やしうどん

ちなみに今回作った「冷やしすだちうどん」と「つけつゆ3種で楽しむ冷やしうどん」は、レシピ動画があるのも嬉しいポイントです。

レシピが充実しているので、隙間時間にテーブルマークのサイトをチェックするのが習慣になっている今日この頃。冷たいうどんレシピもまだまだたくさん載っているので、この夏に制覇したいと目論んでいます。

これまでの【夫婦に優しい時短ごはん】はこちらからどうぞ。
vol.1 平日の夜の救世主! 帰って5分、時短でおいしい夏うどん。

野村紀沙枝
編集・ライター。暮らしまわりの記事を中心に執筆。プライベートでは、結婚4年目に突入。広島生まれということもあって、うどんは関西風のダシが好き。