Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

冷凍うどんは妻の強い味方です。 平日の夜の救世主! 帰って5分、時短でおいしい夏うどん。

料理は嫌いではないけれど、毎晩の献立を考える時間が苦痛なライターの野村です。単なる言い訳ですが、1日中いろんなことを考えて仕事しているのに、「なんで帰ってまでメニューに悩まされないといけないの?」と思ってしまうのです。これ、きっと私だけではないですよね? 

しかも週の半分は、夫婦共に帰宅時間は21時を過ぎてしまうので、なおさら凝った料理は無理。とにかく早く作れて、おいしい料理はないのかと模索していたところ、冷凍うどんの存在を知りました。これが我が家で大ヒット! ごはんを作るのは面倒、でも外食する元気もないし、スーパーの総菜やコンビニでは嫌というワガママな日も、冷凍うどんがあれば乗り越えられることが判明したのです。お恥ずかしいのですが、今回の記事では我が家の先週の食事とともに、冷凍うどんの素晴らしさについてシェアさせてください。

udon

今回使った冷凍うどんは、テーブルマークの「さぬきうどん」。しっかりとしたコシがあって、まるで茹でたてのように美味なんです。しかも、レンジで加熱調理ができるところが、料理を作る身としてはすごく嬉しい点! なぜって、我が家のキッチンは西側に位置するため(しかも西日がたっぷり入る大きな窓あり)、夏場は帰宅すると灼熱地獄…。夏の風物詩ともいえるそうめんを茹でる時間ですら汗だらだら。だから、火を使わずに作れるメニューは大歓迎! しかも、テーブルマークのサイトには、冷凍うどんの活用レシピがいっぱい載っているので、献立を考える時間も省けるのです。

5分で完成! ボリュームたっぷりな夏うどん。

AC3E5CA3-14C0-438E-BD85-8C5AD02C48B8

まずヘトヘトで帰宅した月曜日に作ったのは、「香味たっぷり豚しゃぶサラダうどん」。最寄りの駅に着く直前にサイトをチェックして、豚しゃぶ好きの夫のために選んだメニューです♡

と、いい妻を演じてみましたが、一番の理由は野菜とタンパク質もとれるうえに、5分でできるというところ。スーパーで豚肉を買って帰ったら、早速料理スタート。といっても、冷凍うどんをチン(500wなら1袋3分半が目安)している間に、豚肉を茹で、レタスの代わりに冷蔵庫にあったベビーリーフ、プチトマトを洗ってカット。そうこうしているうちに、レンジでの加熱が終わったうどんを冷水でしめて水気を切って、器に盛り付けるだけ。ちなみに大根おろしは、夫に担当してもらいました。あまりに簡単だったので、途中でだし巻き卵と、アボカドの海苔和えの副菜を作ったらこの日の晩ごはんは完成。

DD20B3E8-BAF1-4716-9B86-EAD88CD2C2EA

このレシピには動画もあったので、料理の前に軽く予習。1分以内でまとめられているところも、個人的にすごく嬉しかったポイント。動画を見てから料理に取りかかると、いつもよりも効率よく料理ができてめちゃくちゃ楽なんです。なんだか自分が料理上手になった気がしました。そして、このレシピ動画を見て初めて知ったのですが、豚肉に片栗粉をまぶしてから茹でるとつるっと柔らかに! 茹でた豚肉を冷ましても、パサつかずにジューシーでした。こんな風によりおいしくなる料理の裏技も知れるのも、プロのレシピならではの嬉しいポイントですよね。

この日は夏日だったこともあり、ひと口食べた夫から「さっぱりしていていいね」という感想。もしかすると量が少し足りないかもとも思ったのですが、「お腹いっぱい!」と満足している夫。コシのあるうどんだから食べ応えたっぷりで、その心配は杞憂に終わりました。

我が家の殿堂入りしたレシピ。

AA120271-2974-471E-AFDE-D57DF9F5F9E3
ニンニクの香りで食欲を刺激。ツナとトマトの和えうどん。

火曜、水曜は、私の方が帰宅が遅くなったため夕飯は別々。さすがに、3日連続コンビニ弁当ではかわいそうと思い、木曜日は一念発起。とはいえ、凝ったメニューは自分の首を閉めるので、またまたテーブルマークのレシピに頼ることに。今回選んだのは、「ツナとトマトの和えうどん」。これまた5分でできるうえ、ガスコンロ不要という夏の救世主メニューなのです。

同量のオリーブオイルと醤油、そこにおろしニンニク少しと刻んだ大葉を混ぜるとタレは完成するのですが、このタレが本当においしいんです! うどんのタレ以外にも、万能調味料と活躍してくれそう。冷蔵庫に常備したいタレとなりました。

タレができたら、カットしたトマトと油を切ったツナを和え、そこにレンジ加熱後冷水でしめたうどんを加えるだけ。ニンニクと大葉の香りに食欲をそそられたのか、普段はテレビに気を取られながら食べる夫が、なんと集中して一気に完食。そして、「これまた作って」とひと言。結婚して4年になりますが、この言葉を食後に聞いたのは片手で数えれる程度。晴れて我が家の殿堂入りメニューとなったのでした。

先週はさっぱりメニューが多くなりましたが、個人的に気になっているのが焼うどんのレシピ。「ツナと水菜のガリバタしょうゆうどん」と聞くだけで、食べたくなりませんか? レシピのメニュー数が多いというところも気に入っていて、「3分半」「パスタ風」「つけ麺風」「多国籍」などなど、カテゴリ別に検索できて便利だから、現在私のスマホのブックマークには、うどんレシピが10種類以上溜まっています。夕飯の献立に悩んだら、真っ先にこのサイトを開いてみるのを強くオススメします。しかも、どれも簡単にできるうえに、おいしいというのも好きなポイントです。

IMG_1553

ちなみに、週末に夏風邪をひいてしまった私。料理は作れるけれど後片付けが面倒でキッチンに立たない夫が、寝込んでいる私を心配してごはんを作ってくれるという奇跡が! それがこちら。といっても、レンジでチンした冷凍うどんをうつわに盛り、温めたダシを注いで冷蔵庫にあった薬味を入れただけ。でも、ダシの優しい旨味のおかげで、食欲がなかった私も完食。ちょっと夫を見直した瞬間でした。そして「冷凍うどんを切らさないようにしないと」と心に決めたのでした。また買いに行かなくちゃ!

今回作ったレシピはこちら!
香味たっぷり豚しゃぶサラダうどん
ツナとトマトの和えうどん

他にも、うどんのレシピがいっぱい。こちらもチェックを!
https://www.tablemark.co.jp/recipe/udon/index.html

ちなみに、個人的に激推ししたいレシピ動画がこちらです。
https://www.tablemark.co.jp/movie/recipe/index.html

野村紀沙枝
編集・ライター。暮らしまわりの記事を中心に執筆。プライベートでは、結婚4年目に突入。広島生まれということもあって、うどんは関西風のダシが好き。