Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

バンビーノ藤田が考案!見た目リッチな簡単料理 豪快ワンプレートステーキライス

初めまして!吉本興業所属の芸人、バンビーノ藤田です!4年ほど前にダンソン !!と踊って動物を仕留めるネタをしていた動物役のヒトです!笑 

バンビーノ藤田

パパが気合い満々で、いざキッチンに入って散らかしたり洗い物を増やしたりするのは言語道断。そこで1フライパン&1プレートの、片付けが簡単でしかもボリューミーで精のつく、パワーフードを紹介します!

今回のポイントは炊飯器でガーリックライスを作ってる間にお肉と野菜を焼いちゃって同時に仕上げる、という上級テクニック。

やはり今回も活躍するのが、使い勝手のいい『桃屋のきざみにんにく』。にんにくのえぐみも無く、味付けもされてるので、洗ったお米ときざみにんにくを炊飯器に入れるだけでバクバク食べれるガーリックライスができます! 

お肉はステーキ用でも焼き肉用でも大丈夫です。赤身肉でも、霜降りでも好みに合わせてください。最後、焼き肉のタレを温めてピサ用チーズを溶かしてお肉にかけるんですが、チーズの種類によっては溶けない場合があるので、チーズは後乗せでも大丈夫です。

パッと作ってガッと食べて子育てに精を出してください!

炊飯器でガーリックライス!
豪快ワンプレートステーキライス

【材料】
白米 1合
桃屋きざみにんにく 大さじ1
バター 20g
牛肉(ステーキ用でも焼き肉用でも)
塩コショウ 適量
焼肉のたれ(中辛) 100cc
野菜なんでも(今回はブロッコリー、舞茸、カボチャ、パプリカ、ズッキーニ)
きざみネギ 好きなだけ
ピザ用チーズ 50g
オリーブオイル 小さじ1

バンビーノ藤田

【作り方】
1
お米を研いで炊飯器の目盛りどおりに水を入れ、桃屋のきざみにんにくを入れて軽く混ぜ、炊飯のスイッチを押す。

バンビーノ藤田
レシピではお米1合に対してきざみにんにく大さじ1としてますが、もちろんお好みで量は変えてください。ぼくは2合炊くときに大さじ1のきざみにんにくを入れ、炊きあがってから残りのきざみにんにく(大さじ1)を入れました。にんにく好きはこのやり方がいいかもです。

2
野菜を切る。

バンビーノ藤田
お肉を焼いた油で野菜を焼くのですが、野菜はなるべく平らになるよう高さを合わせて切ってください。野菜の上にお肉を置いて休ませるので平らなほうが満遍なく保温できます。

3
フライパンにオリーブオイルを垂らして強火にし、両面に軽く塩コショウしたお肉を焼く。

バンビーノ藤田
焼く時間は肉の厚さによって違います。ネットで調べてみてください。
バンビーノ藤田
焼けたら一度肉を取り出す。次に、野菜の両面を焼きつつ、その上に肉を乗せて保温。保温することで肉汁がお肉に馴染み、切ったときの肉汁の流出を防ぎます。

4
ガーリックライスが炊けたら、バターを入れ(にんにく好きな方は追いきざみにんにくを入れ)混ぜます。

バンビーノ藤田

5
4を大きめのお皿に盛り(少し平らに盛ると、お肉をのせやすいです)、切ったお肉と野菜を盛り付け、同じフライパンで焼肉のタレを温めてチーズを溶かし、お肉にかけ、ネギを散らして完成!

バンビーノ藤田
バンビーノ藤田
写真はチーズが溶けなかったパターンです。笑

【ポイント】
1、極力少ないお皿、調理器具で洗い物を減らす
2、ガーリックライスは事前に炊いておけるので作るタイミングを調節できる
3、冷蔵庫の残り野菜を活用できる

バンビーノ藤田
お笑いコンビ「バンビーノ」のボケ担当。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属。辻調理師専門学校イタリア・フランス専門カレッジ卒業。インスタグラム@fujiboy0730で#藤メシ、牡蠣好き女子のためのサイト「カキガール」にて、牡蠣レシピを掲載中。