Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

part2 ベネディクトとサブリナ クラーク志織の夫婦時間

ベネディクトとサブリナ夫婦とは2人がロンドンに住んでいた頃に知り合いました。

その後故郷のドイツへ帰国しそこで4歳と2歳の子育てをしている2人。
先日、妻のサブリナが1人でロンドンに遊びに来ました。聞いたら3日間の一人旅中らしく、「Family Sabbatical」という制度を夫婦間で導入して、お互いが年に1回それぞれ好きな所に旅をしているとの事。

美術館を巡ったりオペラに行ったりできるだけハイエンドな文化に触れて、自分自身の知識をアップデートするために使っているらしいです。

子育てに追われる父&母がそれぞれ息抜きDayを設ける事は特別珍しい事ではないですが、あえて名前をつけて制度化している事が興味深いなと私は思いました。制度化する事によって、明確な目的や理由がなくてもある意味強制的に旅に出る事になります。

ついつい「自分のなんとなくの楽しみのために子どもを置いて数日も出かけるなんて、子どもにもパートナーにも悪いかもな、、。」と思ってしまいがちですが、そこを「決まりごとだから。」と強制的にポンと外の世界に背中を押される事も時には必要なんじゃないかな、、と思う今日この頃です。

「Family Sabbatical」から帰ってきた後は、夫婦でお互いの存在の大切さを再認識して、結束が更に深まるそうです。面白そうなのでただ今我が家も導入を検討中!

私はバギーじゃ絶対行くのが大変そうな石畳や坂道や階段がのものすごい国にあえて行きたい!(笑)

クラーク志織

クラーク志織
イラストレーター。武蔵野美術大学卒業後、2012年にイギリスへ移住し、現在は日本、イギリス、ドイツなどで活躍中。雑誌や広告のイラスト、CDカバーのアートワーク、絵本のイラスト、テキスタイルのデザイン、カフェのペーパーカップデザイン、LINEスタンプ制作など、作品のジャンルは多岐にわたる。Hanakoママwebにて「ロンドン子育てDiary」好評連載中!
WEB : http://www.shioriclark.com/
Instagram : @shioriclark