Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

part1 わたしたち クラーク志織の夫婦時間

この間結婚6周年目を迎えました。

結婚後も彼も含めた他の友人たちとみんなでフラットシェアを2年程していたので、夫婦になったー!というより、付き合っている時の延長線のような気持ちで過ごしていました。

その後2人だけで暮らすようになり、やはり一番関係性がガラッと変わったのは子どもが産まれてからです。とにかく2人とも毎日いっぱいいっぱいで余裕がなく、ある意味戦友のような関係になれた気がします。

そして、すごく眠いし疲れてるのにやること次々と迫ってくる!みたいな切羽詰まった状態の中にいるとその人間の本当のこだわりや弱みがはっきりと浮かび上がってくる事に気が付きました。
例えば、私は自分の立てた計画がスケジュール通りに進まないのが大の苦手、夫は生活環境の動線が乱れるのが大の苦手なんだと知りました。これはわりと人間性の根本にかかわってくる基礎の部分なのかなと思います。

しかし相手の性格の基礎的部分を知ることができたので、お互いに対する理解力がより高まって、余裕のない中でもそれぞれが快適に過ごせる空間を以前よりもっと上手く作れるようになったなと思います。

この間キッチンまわりや物置の整理整頓システムを夫の理想通りに2人で整えました。私からしたら優先度がとても低い事だったのですが(THE ズボラ)、思い切ってやってみたところ夫がいつもにましてご機嫌になったし、2人の間に笑顔が更に増えました。

自分にとっての優先度が低くても、相手にとっては重要な事というのは沢山あるし、そこをお互い理解し尊重することがとても大事だなと実感しました。

クラーク志織

クラーク志織
イラストレーター。武蔵野美術大学卒業後、2012年にイギリスへ移住し、現在は日本、イギリス、ドイツなどで活躍中。雑誌や広告のイラスト、CDカバーのアートワーク、絵本のイラスト、テキスタイルのデザイン、カフェのペーパーカップデザイン、LINEスタンプ制作など、作品のジャンルは多岐にわたる。Hanakoママwebにて「ロンドン子育てDiary」好評連載中!
WEB : http://www.shioriclark.com/
Instagram : @shioriclark