Rethink 夫婦の時間 二人のこと、もう一度。

asacoの夫婦時間 ゴーイング マイ ウェイを2人で

気づけば夫の政治くんと知り合って早13年。当時から一緒に過ごす時間をとても大事にしてきた私たちは、結婚して子どもが生まれて、2人の関係が恋人から家族に変わってもなお、同じようにお互いで過ごす時間を大切にしてきました。

高校を卒業して以来一人暮らしが続いて、いつの間にか一人きりで過ごすのが何より楽になっていた私には、”誰かと一緒が心地いい”という感覚がすごく新鮮で、むしろ、私でもそう思えるんだ!ということにとても驚いた。そんな彼だったからこそ、それまで結婚願望が全くなかった私が、出逢ってすぐの段階でこの人だ!と思えたのは間違いなく、あれは人生に一度きりの女の直感。ビビビ、ってやつでした。

asaco

出汁って自分で取れるの?な私が出会った料理男子

そんな政治くんと始まった2人暮らしは、いろんな意味で目から鱗なことがたくさん。まずは「食べること」。モデルという職業柄、太ることを異常に恐れるようになって、いつしか私のスタイル管理は完全に「食べないこと」になっていました。それこそ当時なんて夜遊びして帰って、食べなくても平気みたいな生活を送っていて、もちろん料理なんてどんどん疎遠に…。

そんな折に出会った彼は、自分でとった出汁が冷蔵庫に常備されているレベルの料理男子だったのです。片や、出汁って自分で取れるの?!と驚くレベルに料理もしない、そして食べない私との出会いは、彼にとっても衝撃だったに違いなく、ここから徐々にお互い離れたところにあった「食」という価値観を縮めていく事になるのですが、そのおかげで、私はいつの間にかすっかり食べることが大好きになっていた。一緒に食べる相手がいるだけで全く興味のなかったお料理もどんどん楽しくなって、出汁は粉末でとるものだと思っていた私も、今では当たり前のように昆布と鰹節を使うまでに成長を遂げたのでした。

他にも、できるだけ添加物のない食品を選ぶこと、洗剤は界面活性剤の入っていないものが環境に優しいこと、具合が悪くても闇雲に薬に頼らないことだったり、今まで自分が気にも留めていなかったことを日々の生活から何気なく教えてくれたのは、ほかでもなく政治くん。なんだか、夫なのに母のような彼は、子どもが生まれて家族が増えて、さらに母性が強くなっているような。。。(毎朝必ず丁寧にとった出汁でお味噌汁を作って、家族皆に食べさせるところとか!)

家族が二人から6人になった今も、夫婦の関係が変わらない理由

かと言って、もともと恋人だった頃と6人家族になった今と、私と政治くんの関係が何ら変わらないのがまた不思議なもので。子どもたちが私たちのことを、父ちゃん、ママと呼んでいても、私はちっとも政治くん=父ちゃんって感覚にならないのです。

それはきっと、いい意味で彼が出会った頃と変わらないから。例えば、天気がいい日は仕事なんてしてる場合じゃないって本気で思っているところとか。「麻子、ちょっと散歩でも行かね?」と普通に誘ってきます(笑)。当時は本当に笑えないくらい貧乏だったので、マジでもっと働け!と思ったものですが、基本、昔も今も同じ思想のもとに生きていて、「自由な時間を少しでも多く作って、その時間を家族と過ごせるのが一番幸せだと思う。」そう真顔で言い切る彼を、この人かっこいいなと心の底から思える自分がいました。

お金という対価だけで物事の価値を決めつけずに、目に見えない”時間”こそを大切に生きるって、実は簡単なようで難しかったりします。昔はそれがうまく理解できずに衝突したこともあったけれど、今ならしっくりとその想いが心に落ちてくる。自由人だった彼が、長女が生まれたばかりの頃人生で初めて会社勤めを経験して、安定を手に入れるはずが予想外に家族としてのバランスを崩してしまったことがありました。そんな過去もまた、彼が大事にしたいコトを受け止めるきっかけになったのかもしれません。

もともと生活環境も価値観も違う2人が夫婦になるって、よく考えると何とも不思議なことです。でも、実際政治くんと一緒に時間を過ごすようになって、一人では気付けなかった楽しみや喜びをたくさん教えてもらいました。今年の5月に第4子が生まれて、子ども達が皆巣立って行くのはあと20年ほど先のことでしょうか。遠い先のようで、きっとあっという間にやってくるその時も変わらず、政治くんの気まぐれな散歩に付き合う毎日だといいなぁ。エイっと乗り合わせた彼の自由な船に今日も揺られながら、行く末を想像して目を細める私です。

asaco
asaco
asaco

asaco
モデル・kitutukiディレクター。1978年静岡県浜松市生まれ。現在、2男2女のママ。モデルとして、ファッション&ママ雑誌や家族でCMに多数出演。また、第一子の出産を機にママ向けワークショップの開催や、子ども服ブランド「kitutuki」のディレクターとして活動。さらに、夫とケータリング「マフィオ」を展開するなど、子育てをしながら多方面で活動中。現在は、2018年5月出産の第四子の子育てに奮闘中。Hanakoママwebの連載「4回目の育児―fourth time around-」も好評。