アナドリン(Anadrin)は、オキサンドロロンを含む錠剤です。いわゆる「アナボリックステロイド」の一種で、オオサカ堂などの個人輸入代行サイトからアナドリンは通販で入手できます。1本60錠入りが3,300円ほどの格安価格で通販でき、効果がマイルドなことから初心者によく推奨されています。

アナドリンは筋肉増強作用のある錠剤で、筋肉の原料であるタンパク質の合成を肝臓で促進します。男性ホルモン (アンドロゲン) を直接摂取するボディビルダーとは違い、筋肉を効果的に鍛えると同時に、体内での男性ホルモンの生成を促し、女性化のリスクを減らします。男性が同じように見えるステロイド系の筋肉増強剤を使用すると、副作用として女性化のリスクがあります。しかしながら、アナドリンはその薬理学がステロイド関連筋増強剤とは異なるため、そのような懸念はありません。

男性でも筋肉増強薬の乱用を避けるべきですが、アナドリンは、薬理学的には男性が通常許容できるテストステロン産生量の範囲内であり、副作用も最小限であるため、筋肉増強薬として使用しやすい薬です。アナドリンの成分であるオキサンドロロンは蛋白同化男性化ステロイドであり、アナボリックステロイドの一種です。蛋白同化作用によって骨格筋量を増加させ、筋力を強化し、筋肉量を増やすとされています。効果的な筋肉作りにはタンパク質の投与が欠かせませんので、必ずタンパク質の多い食事をとってください。

筋肉を鍛える上において、アナドリンはつ錠の3倍から6倍の効果があると言われています。また、脂肪の蓄積量がほぼ3倍以上減少します。アナドリンは、フィリピンに本社を置くロイドラボラトリーズが製造する筋肉増強剤です。アナドリンの成分であるオキシポロンは、肝臓や他の部位でのタンパク合成を促進します。アナドロロンは注射剤ではなく経口剤であるため、服用が容易です。

男性ホルモンを直接摂取しないため、血液中のアンドロゲン濃度が急激に上昇することによる副作用を抑えることができ、筋肉量を増やすだけでなく、下半身も大きくすることができると言われています。アナドリンは肝臓で働き、体内のタンパク質合成を促進し、筋肉量を増加させます。

成人の場合、投与量は1日0.25~2錠で、女性は錠剤カッターを用いて四分の一用量 (0.25錠) から開始することが望ましいです。増量・減量の際は、身体の適応や状態に十分注意してください。副作用が強くでる可能性があるので、過剰な錠剤を一度に摂取しないでください。副作用のリスクを減らすため、低用量から始めて徐々に増量します。成人男性は2錠まで服用できますが、米国ではこれが裏付けられていますが、体格の劣る日本人は1錠にとどめることをお勧めします。過剰に摂取すると、男性では精巣機能低下、女性では不規則月経などのリスクがあり、男女共通の副作用として肝機能障害があります。アナドリンを正しく使うよう注意してください。